ピリッククレオス(ぴりっくくれおす/Pyrrhic Kleos)
クエスト神器<踊り子>」をクリアするか、テルプシコラー強化後)を装備することで使用可能な短剣WS
4回攻撃追加効果:回避率ダウンTP:追加効果継続時間修正テルプシコラー使用時:消費TPに応じたアフターマス発動。連携属性:湾曲切断

連携属性湾曲/切断
倍率追加効果継続時間Hit修正項目
TP100020003000
1.75???×4STR40% DEX40%

ミシックWSの一つで、Lv75以上の踊り子のみが使用可能。

追加効果:回避率ダウンの効果はさほど高くなく、10~20程度に止まる。

威力そのものも高くなく、ダンシングエッジないしエヴィサレーションより劣るが、極めて弱いと言うほどではない。むしろ見所は、威力より連携属性の方にあると言えるだろう*1
このWS習得により、エヴィサレーションを絡めた闇属性一人連携が可能になり、闇系が弱点の相手には相当のダメージを出せるようになる。

モーションは、例えるならば4段目を除いたダンシングエッジの様。
エフェクトダンシングエッジより更に派手になり、鋭い感じとなっている。
また、刃が三叉に分かれたテルプシコラーの形状を意識してか、剣閃が一振りで三本走る。

歴史

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が調整されている。それまでは以下の性能だった。

倍率追加効果継続時間Hit修正項目
TP100020003000
1.50???×4DEX50%

修正項目の対象となるステータスが追加され、代わりに倍率DEXの係数がやや引き下げられている。また、TP2,000以上でのTPボーナスが引き上げられている。

2014年12月10日のバージョンアップで威力の引き上げの他、従来初段のみに有効だったいくつかのボーナスが全段に適用されるようになった。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加された。

名称について

ピリック(Pyrrhic)は、古代ギリシャ王ピュロスの故事から「犠牲が多すぎる(勝利)」の形容。クレオス(Kleos)はギリシャ語で「名声・栄光」の意。このWSの名称は、「血塗れの栄光」といった意味になるであろうか。

関連項目

マインゴーシュ】【テルプシコラー】【ミシックWS
*1
2013年現在、DEX装備マルチアタック装備の充実により、高い修正項目等を活かせばエヴィサレーションと同等レベルのダメージをたたき出せるようになっている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。