アシュラクロー(あしゅらくろー/Asuran Claws)
  1. ノールが使用する特殊技の一つ。
  2. 青魔法の一つ。

ノール特殊技

ノールには二足歩行時・四足歩行時で特殊技が異なり、この技は二足歩行時に行使してくる特殊技である。

技名範囲効果空蝉備考
アシュラクロー近接単体物理ダメージ(6回)6枚?二足歩行時のみ使用

光曜日に二足歩行になっている可能性が非常に高い。
手数の多さで一気に空蝉を持っていかれる上にダメージも大きい。ある程度攻撃を食らうことを想定して戦わざるを得ないだろう。

青魔法

Lv70 BP2 MP81 詠唱時間2秒 再詠唱時間60秒
系統:物理-近接 (溶解/衝撃) 属性:格闘 追加特性:カウンター(4)
TP:命中率修正

ステータスボーナス:AGI+3

倍率命中率Hit修正項目
TP015003000
????×6?

2008年3月11日のバージョンアップにて追加された青魔法多段青魔法では最多の6回攻撃を誇る。

吶喊ダークオーブカウンタースタンスのいずれかとセットすることで、追加特性カウンターを得ることができる。

性能

BP2とセットしやすい青魔法ではあるが、他の物理系青魔法に比べ詠唱時間が2秒とかなり長い。「TP:命中率修正」であり、ブルーチェーンによるダメージの伸びはあまり良くない。

本家の技が強力なため、当青魔法への期待は当初大きかった。しかしその使い勝手の悪さを知り、多くの者が落胆することとなった。6回攻撃というスペック面こそ強力に見えるが、実際の威力面ではおなじ格闘属性H.バラージF.リップにかなわない。2レベル後にはディセバーメントという大物青魔法が控えている。

そして最も懸念されるのが、最大与TPが60とブッチギリなこと。与TPの多さを逆手にとり、一部アサルトなどで敵の特殊技を誘発させる目的で使うこともできるが、同じ目的ならコスト・リキャスト詠唱時間で優れるメッタ打ちを使った方が効率が良い。

同じくノール特殊技プリナルーンエンブレイスという月齢が関係する技があるが、アシュラクロー満月の夜でも威力の変化は無く、月齢とは無関係である。

追加特性カウンターは、被弾の増えるソロ活動においては有効であるが、幻影があると発動しないのでサポ忍との相性が悪いのが残念なところである。

ラーニングについて

二足歩行になる可能性のあるノール族は限られており、NM以外だとLobisonという個体からラーニングすることになる。ただしレベルは81~82と、使用可能レベルでのソロラーニングは非常に困難。ラーニングツアーを組むか、レベルを上げてから挑むか、手伝いが必要になるだろう。

なお、アビセア-ラテーヌにも高レベルのノール族「Luison」が配置されているが、こちらは二足歩行にはならないので、ラーニングはできない。

Lobison満月前後であれば最初から立っていることもあるが、この期間はノール族強化される期間でもある。挑発によって立たせることもできるので、新月近辺にサポ戦で挑む方がまだ戦いやすいだろう。切替の詳細はLobisonの項を参照。

もっとも、Lv75キャップ時代が終焉を迎えた今となっては、レベルを上げれば強引に押し切ることも可能。

関連項目

ノール】【物理系青魔法】【多段青魔法】【Lobison
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。