白ウサギの後を(しろうさぎのあとを/Follow the White Rabbit)
ENMの一つ。
→2005年02月24日のバージョンアップ実装された。

特徴

熊爪嶽バトルフィールドを舞台とする。
Lv75制限、30分制限。6人推奨。

ウルガラン山脈の(K-6)付近の落とし穴を落ちることによりアクセスできる熊爪嶽Wind Pillar調べることで突入できる。なお突入には、シャムナエの氷ウルガラン山脈NPCガルカZebada」にトレードすることでもらえる、風越の団扇だいじなもの)が必要。

攻略

中にはウサギ族(白)NMの「Bearclaw Rabbit」(以下ボス)が待ち構えている。

戦闘開始後しばらくすると奥からウサギ族(白)NMの「Bearclaw Leveret」×5が出現する。この時ボスのタゲを取っている人が集中攻撃を受けるので注意。

Bearclaw Leveretは5体の内1体が当たりで、倒すと
Bearclaw Leveretは、幻氷のごとく消え去った。
と表示されて残りのBearclaw Leveretは消える。当たりのBearclaw Leveretは通常攻撃に追加ダメージがあり、ハズレよりもタフ。またブラッドウェポンを使用する。

Bearclaw Leveretを全て撃破すると
Bearclaw Rabbitは、怒りだした。
と表示されてマイティストライクを使用。攻撃や防御が強化される。

また、ボスは専用技のワイルドジンセン(自身にブリンク)を使用するが、何度も使っていると
Bearclaw Rabbitは、何だか苦しそうだ。
と表示されてステータスがダウンする。

雑魚には睡眠が有効だが、印をつけないとレジられる可能性がある。そのため、雑魚を印スリプル→印スリプルIIと上書きしている間にどれだけ削れるかがカギになる。

雑魚を殲滅してから強化されたボスを倒す方法と、ボスを倒してから雑魚を一掃する戦法がある。

戦利品

経験値2500(推奨人数以上で挑戦した場合は頭割りになる)

軍鶏マーシャルソードセリーヌリングベンチュラーベルト、他素材レイズIII青漆ガラティーア祈雨石毛繻子)など。

セリーヌリングはこのレベル帯では優秀な敵対心軽減装備であり、実装からしばらくは高値で取引されていたが、戦闘の難度が比較的高いため、挑戦する人は少なかった。

名称について

BF名は、NM種族と「不思議な国のアリス」で主人公が白ウサギを追いかけて不思議な国に入り込んだエピソードを引っ掛けているのだろう。

英語名は「白ウサギを追いかけろ」という意味になっており、本ENMの題名が「不思議な国のアリス」から取ったものであることがより分かりやすく表現されている。

ボスNMのBearclaw Rabbitは「熊爪嶽(Bearclaw Pinnacle)のウサギ」という意味だろう。Leveretは「子供」という意味なので、ボスの子供なのだと思われる。

関連項目

セリーヌリング
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。