Healer(ひーらー)
パーティ内において、仲間の体力や状態異常回復する役割のPCを意味する。
FF11では主に後方で回復行動を行う白魔道士赤魔道士学者を指すが、広義には他者への回復行為ができる者全てを指す。
メインジョブの能力でナ系イレースを使えるジョブ白魔道士学者のみ*1であり、範囲HP回復が使えるのは白魔道士青魔道士踊り子学者*2のみである。
この他のジョブメインヒーラーとして誘われた場合には、サポ白でこのハンデを埋める事が多い。

白魔道士の代替やヒーラー以外の役割との兼任を目的として、赤魔道士学者はもちろん、ナイト青魔道士踊り子サポ白を付けたその他のジョブを代替のヒーラーとして扱うことがある。中の人次第ではその能力差を感じさせない。
意外な線では竜騎士ヒールブレスがある。発動に条件があり小回りが効かないものの、少ないMP(消費5-10)でケアルVIに勝るとも劣らない回復が可能である。
また、オートマトン白魔法フレームパールアリエス」を出し入れすることでからくり士ヒーラーとして立ち回ることも可能。


関連項目

ヒーラー】【ケアルタンク】【驚きの白さ】【Buffer】【Damage Dealer】【Melee】【Nuker】【Tank
*1
踊り子ヒーリングワルツは多くの状態異常を治せるが、石化死の宣告などナ系で対応出来る異常の一部をカバーしていない。
*2
ただし1回ごとに女神降臨の章が必要であり、多用は出来ない
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。