エーティル(えーてぃる/Aettir)
両手剣の一つ。2014年4月8日のバージョンアップで追加された。
Rare Ex
263 480 両手剣スキル+242
受け流しスキル+242 魔命スキル+188
敵対心+10 ランジ効果+10 被物理ダメージII-5%
Lv99~
               <ItemLevel:119>
同一アカウント内であっても宅配できない。

魔導剣士Oboro製ジョブ専用装備

ランジ効果+10」はスワイプランジの「ルーン1つあたりのダメージ」で用いられる「武器スキル値の割合」を+10する。
例えば、同属性ルーン2つでランジを使用した場合「武器スキル×(75+10)%+武器スキル×(75+50+10)%」のダメージとなる。

合成素材セフエジの爪
武器ツバイハンダーナーガン
アイテム深成岩餅鉄リフトボウルダーのうちいずれか150個
※混在して合計150個では受け取ってもらえないので注意のこと。

物理攻撃に関する特別なプロパティこそ付いていないが、武器スキルD/隔IL119の武器として標準的であり最低限の攻撃性能は持つ。
いわゆるRMEを除く装備で唯一被物理ダメージの上限を突破出来る装備であり、敵対心も+10される。
受け流しスキルも低くなく*1、盾ジョブである魔導剣士ジョブ専用武器としてふさわしい防御重視の剣と言えるだろう。

なお、「ランジ効果+」は「スワイプ」にも効果があるが、実装時点では不具合によりヘルプテキストに記載されていない。
ブルトガングと同様「被物理ダメージII-」*2プロパティを持つため、エーティル装備時に限り、被物理ダメージ減少%の限界が上昇すると思われる。

デザインは萩原一至によるもの。アドゥリン実装当初よりジョブ専用装備としてアドゥリン特設サイトにAFと共に紹介されていたが、ゲーム中に登場したのは一年以上経った後であった。
エーティル

が480であることから、両手剣の分類上はフランベルジュの系統に属するが、クネクネした形状ではなく独特のデザインを持っている。
また、後に同じグラフィックで同じ防御系の両手剣としてバイデンハンダーが追加されている。

オーグメント

2016年2月10日のバージョンアップで、ジュノ港の「Oboro」にて、深成岩餅鉄リフトボウルダーのいずれかを用いたオーグメント付与による段階的な強化を行うことができるようになった。詳細は【Oboro製ジョブ専用装備】の項目を参照のこと。

RankType:A
15[1] 命中+70
[2] 魔回避+50
[3] ウェポンスキルのダメージ+10%

名称について

Aettirはルーン文字のアルファベット。8つルーン文字が3セットになった24文字から成る。aettirは複数形で、単数形だとaettになる。

関連項目

Oboro】【ジョブ専用武器】【ダメージカット装備
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
武器スキルと共に、IL119でもスキル+228の武器が存在する。両手剣タングルマルクヴィクロバッチ+2、フォショックソードが該当する。
*2
元々は「被物理ダメージ-5%」の表記だったが、2014年5月15日のバージョンアップで変更された(性能自体は変わっていない)。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。