Armillaria(あるみらりあ)
アビセア-ブンカールに出現するキノコ族カッパーキャップ)のNM
2010年9月9日のバージョンアップで追加された。

Armillaria

出現条件

アビセア-ブンカール(F-7)(カッパーキャップエリア)にある???に「シビレタケ」をトレードすることでPOPする。???は周辺のカッパーキャップ生息域から微妙にずれたところにあるものの、カッパーキャップノンアクだがリンクはするため、位置取りによっては後衛タゲを取ってリンクするという危険性がある。

pop地点へは第8幽門石から南か、第4幽門石から北西に向かうのが近い。距離的には第8の方が短いが、第4からだとインビジが必要ないという利点がある。

???の周辺にいればからまれないが、カッパーキャップエリアにはSippoyPOPしていることがあり、移動やトリガー狩りの際に遭遇することがある。

特徴

ダブルアタック持ち。
ブレス特殊技の威力が高く、戦闘終盤でもキャップ値の1005ダメージを受ける。ダメージが減り始めるのは残りHP一割程度から。
HPが減ってくると、サイレスガスの後に静寂スフィアダークスポアの後に暗闇スフィアスポアの後に麻痺スフィアが発生するようになる。
範囲外に逃げれば短時間で回復するが、後衛立ち位置に注意したい。
またHPが75%、50%、25%を割った時にTPとは無関係にオドリタケシビレタケマヨイタケのいずれかを使用する。

戦利品

パクスグリップラベジャー型紙:足()、レイダー型紙:足()、ランサー型紙:足()、カリス型紙:足()など。
また、アライアンスメンバー全員がだいじなもの理知の紅色ジェイド」を入手することがある。

名称について

Armillariaはナラタケ属の学名*1
アルミラリアの一種であるアルミラリア・ガリカは世界最大級の生物として知られており、その大きさは15万平方メートル、重さは推定100tにもなると言われている。
といっても、キノコにおける1個体とは地中に広がった菌糸のネットワークを指し、超巨大な傘のキノコ(子実体という)がひとつあるわけではない。

関連項目

エンピリアン装束】【型紙】【エンシェントジェイド】【理知のジェイド
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
→ナラタケ属(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。