Itzpapalotl(いつぱぱろつる)
アビセア-アットワに出現するワモーラ族(成虫)NM
2010年9月9日のバージョンアップで追加された。

Itzpapalotl

アビセア-アットワにおけるメインクエストNMに相当する。

出現条件

アビセア-アットワ(K-10)にある???だいじなもの毒々しいワモーラの触角」「重いクロウラーの繭」「肥大化したチゴーの腹」を所持した人が調べると出現する。
だいじなものノートリアスモンスターが出現した瞬間に消失する。

ここへは第7幽門石に飛んでから右手沿いに進むのが近い。

3Itzpapalotl
2毒々しいワモーラの触角重いクロウラーの繭肥大化したチゴーの腹
Granite Borer(K-10)Blazing Eruca(J-10)Tunga(K-9)
1乾いた繭エルカの大卵-
Gullycampa
(ワモーラ族(幼虫)雑魚)
Ignis Eruca
(エルカ族雑魚)
-

周囲の雑魚(ワモーラ族(幼虫))はリンクする。とはいえこのモンスターを狩りに来るようなPTであれば問題なく撃破できるだろう。寝かせるのに気を取られてスタンが疎かにならないように注意。

特徴

魔法ファイガIVのみ使用。スタン耐性なし。
開幕で必ずファイガIVを詠唱するので、スタンの準備をしておきたい。

特殊技発動中、魔法詠唱中に強力なブレイズスパイクが付く。解除不可能。
HPに反比例してファイアブレークダメージが増える。
エラチックフラッターを使用すると百烈拳並の速度になるため、速やかにディスペルヘイスト効果を消去したい。

イグジュビエーション弱体効果の数にも寄るが、最小限の弱体で3000回復弱体漬けにすると10000以上もHP回復される。
そのためエレジーなど必要最小限の弱体以外は使わずに戦うことを求められる。また余計なTPを貯めさせないように、前衛は付近の雑魚でTPを貯める等の対策が必要。

ファイガIVとファイアブレークが強力で、どちらも高位シェルありでも1000を超えるダメージを受ける。
連射された場合はHP最大の状態から一瞬で死ぬ可能性もあるため、ファイガスタンで止めるなどの対処が必要。

戦利品

ヘフォンナックルエースレギンス木行の原石(100%+黄弱点)、木行の絵札トレハン)、火行の原石トレハン)、火行の小片(黄弱点)、イツパパの鱗粉(1~2)、他素材
条件を満たせば炎蛾のアートマを入手できる。

また、称号「イツパパロツル ディクローアー」(Itzpapalotl Declawer:イツパパロツルの爪を抜いた者)を得られる。

アビセアの死闘メインクエスト渇きの煉獄蝶」をオファーされていれば当NMを討伐後ブブリム半島エリアチェンジするとイベントがあり、クエストクリアすることができる。

出典

「黒曜石の蝶」と呼ばれるアステカ神話の女神
その名は岩の中で結晶化した蝶という意味で、不滅の魂を象徴する。
人間にはその全貌を視ることができないため、その姿はジャガーの爪を模して描かれる。

爪のないワモーラ族成虫のノートリアスモンスターなのに称号が「イツパパロツル ディクローアー(イツパパロツルの爪を抜いた者)」になっているのはこの出典が元になっているためと思われる。

関連項目

渇きの煉獄蝶】【アートマ】【Granite Borer】【Blazing Eruca】【Tunga
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。