Manananggal(まななんがる)
アビセア-タロンギに出現するクトゥルブ族NM
2010年6月22日のバージョンアップで追加された。

Manananggal

出現条件

アビセア-タロンギ(I-12)の広場に時間ポップする。
広域スキャンで探知可能だが、通常は姿が見えず、また生命感知以外で絡まれることもない。Shikigami Weapon生命感知バージョンといえば解りやすいだろうか。生命感知でのみ姿を現すので、戦う場合は事前にHPを減らしておく必要がある。

この特性のせいで、何も知らずに周囲のクリオニッド族を狩っていていつの間にか絡まれたというケースが多い。

戦闘中であっても消えることが報告されているため、消える条件についての情報が待たれる。

特徴

暗黒騎士タイプで、精霊II系アブゾ系などを詠唱する。また、HPが減るとブラッドウェポンを複数回使用する。

他のクトゥルブ族同様、抜刀/納刀を繰り返しそのたびにTP技が変化する。

抜刀時の被ダメージがとても高く、通常の10倍近いダメージを受ける*1
しかし抜刀時はかなり攻撃間隔が長く、スロウエレジーなどを入れると棒立ちかと思えるほど攻撃が遅くなる。

また、納刀時は常時トリプルアタックとも言える頻度で複数回攻撃をしてくるため、空蝉が恐ろしい勢いで剥がれる。
攻撃間隔抜刀時と比べ物にならないほど短くなり、WS頻度も上がる。
アンブレストジャンビア(対象中心範囲、HP吸収、蝉全消し)もHPに関係なく使用する模様。

以下は実装当初の内容である。

蝉盾複数名によるタゲ回しが主流。
エレジースロウなど弱体魔法は一通り効くので、これにスタンなどを混ぜて攻撃回数を減らしつつ戦うのが良い。また鯨波スロウ上書きするヘイストを張られるので、こちらも常時解除魔法で消しておきたい。

戦利品

コルヴストルクベイルベルトマナナンガルの首飾、他素材など。

マナナンガルの首飾は複数落とすこともある模様。

天運の緑色ジェイド貪欲の緑色ジェイドのいずれかを得られることがある。

出典

現地では心霊スポットとしても有名なフィリピンのシキホル島に伝わる妖怪、あるいは魔女。
上半身と下半身を切り離して飛翔し、幼子や胎児を生きたまま食らう。
名前の語源はフィリピンの言葉で「別れる」を意味する「tanggal」に由来し、上半身と下半身を分離させて飛ぶ能力からこの名がついたと言われる。

関連項目

クトゥルブ族】【アビセア
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
出現と同時に抜刀して攻撃してくる事もあるため、この場合は出現直後の一撃目で2000以上のダメージを受ける可能性がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。