アルマゲドン(あるまげどん/Armageddon)
の一つ。2010年6月22日のバージョンアップで追加された。
Rare Ex
58 582
Lv80~

エンピリアンウェポンの一つ。
メイジャンの試練No.1759(カラボスの小石×50)にて、マグナトゥスから派生する。
2012年7月4日に公開された第11回ヴァナ・ディール国勢調査には、全サーバーで6,206個存在している事が記載されている。

ここからさらに強化することで、エンピリアンWSを撃てるようになる。

アルマゲドン

第2段階(Lv85)

2010年9月9日のバージョンアップで追加された。
Rare Ex
61 582 AGI+10 ワイルドファイア
アフターマス:時々2倍撃
Lv85~

メイジャンの試練No.2234(キレインのランプ×50)でさらに強化することで入手できる。
2012年5月時点で、所有者の約9割にあたる5707個がこの段階以上に強化されている。
装備Lvが85に上昇し、エンピリアンWSワイルドファイアを撃てるようになる。

第3段階(Lv90)

2010年12月7日のバージョンアップで追加された。
Rare Ex
64 582 AGI+15 ワイルドファイア
アフターマス:時々2倍撃
Lv90~

メイジャンの試練No.2644(イスゲビンドの心臓×75)でさらに強化することで入手できる。
2012年5月時点で、所有者の約2割にあたる1406個がこの段階以上に強化されている。

第4段階(Lv95)

2011年9月20日のバージョンアップで追加された。
Rare Ex
70 582 AGI+17 ワイルドファイア
アフターマス:時々2倍撃
Lv95~

メイジャンの試練No.3077(ヘヴィメタル×1500)でさらに強化することで入手できる。
2012年5月時点で、12個がこの段階以上に強化されている。

第5段階(Lv99)

2012年2月14日のバージョンアップで追加された。

アフターグロウなし

Rare Ex
76 582 AGI+20 ワイルドファイア
アフターマス:時々2倍撃
Lv99~

メイジャンの試練No.3540(リフトドロス×60)でさらに強化することで入手できる。
2012年5月時点で、11個がこの段階まで強化されている。

アフターグロウあり

Rare Ex
76 582 AGI+20 ワイルドファイア
アフターマス:時々2倍撃 アフターグロウ
Lv99~

メイジャンの試練No.3605(リフトドロス×3000)でさらに強化することで入手できる。
アフターグロウが付くほか、装備すると特殊なエフェクトが発生するようになる。

第6段階(IL119)

2013年11月5日のバージョンアップで追加された。

アフターグロウなし

Rare Ex
103 582 AGI+20 射撃スキル+242
ワイルドファイア
アフターマス:時々2倍撃
Lv99~
               <ItemLevel:119>

Oboroサブクエストリフトボウルダーを300個を渡すと、さらに強化することができる。

アフターグロウあり

Rare Ex
103 582 AGI+20 射撃スキル+242
ワイルドファイア
アフターマス:時々2倍撃 アフターグロウ
Lv99~
               <ItemLevel:119>

第6段階の武器試練No.?(リフトドロス×3000)でさらに強化することで入手できる。もしくはアフターグロウ付きの第5段階をアフターグロウなしのものと同様の手順で第6段階に強化することで入手できる。

第7段階(IL119)

2016年2月10日のバージョンアップで追加された。
第5,6段階で2つに分岐していた武器が、アフターグロウ付きの1つの武器に収束する。
Rare Ex
143 582 AGI+50
魔法ダメージ+217 射撃スキル+269
ワイルドファイア
アフターマス:時々3倍撃
アフターグロウ
ストック:デベステトブレット
Lv99~
 <1/1 0:10/[1:00:00, 0:10]>
               <ItemLevel:119>

キャスト係数は8(2秒)。

星唄の煌めき【終奏】を所持した上で、Oboroサブクエストリフトボウルダーを渡すと、さらに強化することができる。

必要な個数は第6段階でアフターグロウをつけているかどうかで異なり、アフターグロウをつけていれば1個、つけていなければ10000個を納品する必要がある。

存在数

国勢調査段階
Lv80Lv85Lv90Lv95Lv99Lv99+*1
→第10回14742576---
→第11回499430113941110

出典

新約聖書の最後の書「ヨハネの黙示録」の第16章16節に登場する、終末の最終決戦の地を表す言葉。
原典に則って発音するのであれば「ハルマゲドン」が正式であり、アルマゲドンは英語読みした場合の名称となる。

聖書内では「メギドの丘」を表すとされているが、現在では世界の終末・滅亡を比喩する言葉として用いられる事が多い。

滅亡や破壊を表す言葉であり、そういう類の名称を多く用いるRPGやTCGなどでよく見かける名称である。
FFシリーズではこれまで用いられた事はなかったが、スクウェア時代のシミュレーションRPGバハムートラグーン」では聖属性の最強魔法として登場している。(ただし名称は「ハルマゲドン」)

関連項目

エンピリアンウェポン】【禁断の地アビセア
メイジャンの試練/武器系:射撃】【マグナトゥス】【ベッドラム
カラボスの小石】【キレインのランプ】【イスゲビンドの心臓】【ヘヴィメタル】【リフトドロス
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。