Vee Ladu the Titterer(う゛ぇー・らどぅ・ざ・てぃったらー)
オズトロヤ城〔S〕に出現するヤグード族NM将領の一体。→2008年9月9日のバージョンアップで追加された。

Vee Ladu the Titterer

出現条件

オズトロヤ城〔S〕(H-9)(入って1枚目のマップ。現代における『第1の合言葉』の小部屋)に出現する。

特徴

視覚感知見破り能力を持つ。ジョブタイプは忍者で、ファイナルアタックとも言うべき死に際に微塵がくれを使用する。後述の分身が残っていた場合は、分身も連動して微塵がくれを発動させる。

他の将領NMと同じく、睡眠ヘヴィバインドは無効。

忍者狩人タイプの獣人と同じく、HP70%までは自分からは近づいてこず、離れているときは手裏剣忍術のみを使用する。
ちなみに忍術魔法命中率が恐ろしく高く、アイテムレベル魔回避を揃えた上でバ系を使っていてもレジストが困難なほどである。

空蝉の術:弐」を使用すると実体を伴った分身POPする。使用する忍術空蝉の術:弐・呪縛の術:弐・暗闇の術:弐・捕縄の術:弐の4種類に限定されており、必然的に空蝉の術:弐を使う頻度が高い。分身HPは250と低いが、特殊技忍術を使用したり本体と同程度の攻撃力を持っているので放置するのは危険。しかも分身の数はHPが一定量減る毎に増えていき、最初は1回の詠唱に付き1体のみだが、75%からは2体、50%からは3体、そして25%以下では4体が出現するようになる。

分身空蝉の術を使う度に出現するので、ガ系青魔法などでその都度排除すると良いだろう。前衛陣が本体TPを貯めつつ分身WSと言うのも悪くはない。
レベル90で回避に特化したジョブ回避装備青魔道士であればイオリアンエッジ怒りの旋風を駆使することでソロでの撃破は十分に可能。

戦利品

竹の鳥籠(100%)*1薬研藤四郎ハーピーシールド
また、倒すことでヤグード教団軍の防戦能力が低下する。

名称について

「忍び笑いのヴェー・ラドゥ」といったところ。

関連項目

将領】【不滅の邪神】【特命調査官
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
特命調査官に渡すことでハバロの詩・第5の徳に交換可能。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。