Ghanraam(がんらーむ)
2006年12月19日のバージョンアップで導入されたサルベージと同時に配置されたNPCヒューム♂。

Ghanraam

アトルガン白門(K-10)にいる。2階の通路の隅っこというあまり目立たない所にいるので見過ごす人もいるが、Lv75キャップ時代最終装備の一つ、サルベージ装備を手に入れるためには必要不可欠な人物であり、ストーリー性が皆無なサルベージに足繁く通う人がいたのは、この男がいるからといっても過言ではなかった。

なお、2012年12月13日のバージョンアップで追加されたLv99のサルベージ装備についてはMrohk Sahjuuliから入手することになる。ただし、+1に強化された装備を手に入れるにはLv75のサルベージ装備も必要なので、まずはGhanraamから1度装備を手に入れなければならない。


彼にサルベージドロップした防具を預けることができる。またいつでも返してもらえる。しかし加工したら返してもらえなくなるので注意が必要。
預けられる防具は5種類の装束中1種類のセットに関してのみ預けられる。例えばアレスプレートアーマーを選択した場合は、エニュオマスクは預けられるがネヴァンクラウンは預けられなくなる。

なお、後年実装されたモグの預り帳【01】を利用することでサルベージドロップした防具をこのような制限無しで預けられるので、収納に余裕がなければそちらを利用したほうが良いだろう。

また、装備を預けている状態で他種類への発注に切り替える際は預けている装備が一気に返ってくる。このときマイバッグが一杯だと拒否されるので注意。

装備を加工するためには、サルベージ中にドロップする3種類の防具の他に素材6つとアトルガン黄金貨10枚が必要である。
必要な素材は各装備箇所につき、以下の通りである。

オリハルコン6個
アルザビウーツ鋼6個
ブラッドウッド材6本
ワモーラクロス6枚
マーリドのなめし革6枚

実装当初はこれを預けてリアル0時越え装備を入手できていたが、2015.9.16ヴァナ0時越えに緩和された。

2010年12月7日のバージョンアップ以前は、これらの素材が1ダース要求されていた。3種類の防具アトルガン黄金貨10枚はとりあえず置いておくとしても、この1ダース素材がネックとなっていた。

手脚足はともかく頭と胴にかかる素材競売で買おうとすると、かかるギルが相当なものであった。
特にアルザビウーツ鋼及び材料であるクロマ鉄鉱は、その希少さと需要の高さにより相場は桁違いであり、クロマ鉄鉱を求めてゼオルム火山での採掘皇国軍戦績BFに足繁く通う人もいた。その後数度のバージョンアップを重ね、追加されていった各種コンテンツの戦利品としてこれらを入手できる機会が増えたこと、レベルキャップ上昇により高性能の装備品が多数追加されたこともあって、これらの相場は落ち着いている。

防具を渡すとわかるが、防具のコレクターのようである。倉庫にレア防具が貯まっていくのが楽しくてしょうがないらしい。
そのためか、返却してもらう時は凄く嫌そうである。
ちなみにサルベージ装備をこれ見よがしに見せてくれるのも厭らしい。見せてくれなければ諦める人もいるだろうが、固有グラフィックで超高性能であるために魅了された人も少なくないだろう。

彼はナイズル島踏査指令で得られる鎮魂武器にも興味を示していて、2007年8月28日のバージョンアップで預けられるようになった。踊り子学者向けの武器も、2008年6月10日のバージョンアップで預けられるようになった。
預ける際、アトルガン青銅貨1枚を武器と一緒に渡す必要がある。
また、神器クエストにおいて該当武器でそれまで貯めていたポイントが初期化されてしまうので注意。

関連項目

サルベージ】【サルベージ装備】【鎮魂武器】【Mrohk Sahjuuli
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。