銭投げ(ぜになげ)
時代劇のヒーローの一人銭形平次が賊に寛永通宝を投げつける技。

ファイナルファンタジーシリーズにおいては、所有するギルを投げつけて敵にダメージを与える技。FFVなどが使用できる。
転じて、戦闘消耗品を多用するため、莫大なギルを消費しなければならないさまを意味する。

狩人矢弾コルセア銃弾カード忍者触媒が代表的で、これらのジョブ銭投げジョブとも呼ばれることがある。
最近では獣使いも高額な汁ペットを使役したりペットフードがやたら高かったりと立派な銭投げジョブの仲間入りを果たそうとしている。

銭投げジョブ

上記のように、攻撃手段や防御手段に消耗品を大量に使用する必要があるジョブを言う。
サポのLv37までならばともかく、Lv75まで上げるにはかなりの資金力が必要となる。
合成で自力生産する事で出費は下げられるが、それでも手持ちギルが目に見えて減っていく事には変わりない。

その為、途中で資金が続かなくなりレベル上げを断念・中断する人もいる。
自力生産する場合は素材調達方法自体も肝といえよう。

資金的なリソースを消費する為強力、と言う位置づけのジョブだったため、ブルジョワ層の冒険者からは歓迎されたのもまた事実である。
しかしそういった調整はジョブバランスの破綻や、誰もが銭を投げなければいけないハードルの高さを生み出す結果になり、結果として調整される事も多かった。

なお、昨今は矢弾触媒などの低価格化も進んでおり、俄か仕込みで合成*1をすると損をする事もある。
また星唄ミッションを進めているプレイヤーであれば、三国に配置されているCurio Vendor Moogleから様々な種類の薬品矢弾触媒が常時固定価格かつ無制限に購入できる。適正価格かどうかはプレイヤー各々の判断になるが、程々手が届きやすい価格設定になってると思われる。

銭投げ戦術

銭投げジョブ銭投げを行うのは一般的な行為だが、一般のジョブも立回りによって銭投げを行うことが出来る。
個々の財布の事情もあるため、必ずしも一般的ともいえないが、これらは効果的なものも多いのも事実。
代表例ではジュース薬品がぶ飲み、対コリブリ戦におけるスシのドカ喰いなど。
パーティ内でこれらを行うものと、資金を節約する者との意識の差や、そこからくる軋轢は推して知るべし。
事前の意思疎通はしておくほうが良いだろう。
レベル上げなどは、まだ良いほうなのだが、ミッションなどで、事前に取り決めしておいた薬品をケチったり、それが原因でミッションに失敗、再挑戦、時間の都合で延期、等になると目も当てられない。
*1
とはいえ、高レベルの矢弾合成自体も高レベル(高弟以降)のものもあることから、簡単にすべて合成可能。というわけにも行かないが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。