触媒(しょくばい)
  1. 忍者忍術を行使する際に消費する忍び道具の事。忍具
  2. 合成連携で使用する「MC-I-SR0」シリーズの事。

しょくばい 0 【触媒

それ自身は変化をしないが、他の物質の化学反応のなかだちとなって、反応の速度を速めたり遅らせたりする物質。アンモニア合成の際の鉄化合物や、油脂に水素添加する際のニッケルなど。生体内の酵素も一種の触媒である。

―――goo国語辞典より

1.忍び道具

魔法(またはそれに類する能力)を発揮するのに必要となるアイテムを「触媒」と呼ぶ事例は、ファンタジー作品を中心に多く存在している。
古いところではテーブルトークRPG「AD&D」やそのノベライズ作品において、魔法の使用に必要となるMaterial componentsが「触媒」と訳されていた*1

義務教育で「触媒自身は変化せず、化学反応を促進する」と習うからか、消耗されるものを触媒と呼ぶのは誤用*2ではないかという声もあるようだが、現実の世界でも使い捨てられる触媒は多く存在する。ゲーム世界の触媒がどのように使われているのかは不明だが、何度も使えないからといって、触媒でないと決め付けるのは早計だろう。

触媒を英訳すると「catalyst」になるのだが、忍び道具の事をcatalystと訳してもNAプレイヤーにはまず通じないので気を付けたい。
場合によっては、ATI製グラフィックカードのドライバ、あるいは両手棍キャタリストのことと受け取られるかもしれない。

ちなみに、触媒屋(catalyst shop)ヴァナに存在することはする。が、売っているものは触媒とは程遠い。

また、ペットフードの事を実装前にペット回復触媒と呼称していた事がある*3

2.合成連携

ジュノ港にいるMewk Chorosapから購入でき、MC-I-SR01MC-I-SR02MC-I-SR03がある。【合成連携】項を参照のこと。

関連項目

忍び道具
*1
D&D第3版以降では「物質的要素」と訳されている。
*2
もともと化学用語からの転用なので、魔法に使用する「触媒」に正確な定義は存在しないのだが
*3
→2002年9月12日 バージョンアップ。 ただし、この時点ではペットフード実装は見送られている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。