補給物資奪還指令(ほきゅうぶっしだっかんしれい/Supplies Recovery)
ルジャワン霊窟/アズーフ島監視哨で行われる山猫軍曹アサルト

東方戦線に向かう輜重隊が敵部隊の襲撃を受け、貴重な補給物資を奪われた。
その後、敵はルジャワン方面に逃走した模様。
アサルト要員はただちに追撃し、物資を奪還せよ。
なお本作戦には別働隊として不滅隊も参加する。

作戦領域:ルジャワン霊窟
作戦目標:補給物資の奪還
募集要員:レベル70 1~6人
作戦戦績:取り返した補給物資の数で変動?
難易度:運に左右(★★☆☆☆ ~ ★★★★☆)
戦闘有無:有り(必須)

出来るだけ多くのインプを倒し、ライバル不滅隊よりも多くの補給物資を回収する事が目的となる。制限時間は30分。

内容

スタート地点に魔滅隊のクイールド(Kuihlud)などがいる。

緑ネームのクイールド(Kuihlud)に話しかけるとミッション開始となり、エリア内にインプが10体出現。同時に不滅隊も行動を開始する。エリア内のインプ達を倒し、テンポラリアイテムである補給物資不滅隊よりも多く確保することが目的となる。

なお、実装直後はリーダー戦闘不能状態になったまま、全インプを倒しミッション終了となると、テンポラリアイテムの数が不滅隊を上回っていても負けるというバグが存在していた。

基本ルール


このように不滅隊側にかなり有利なルールとなっている。インプは10匹しかおらず、必ずテンポラリアイテムドロップするわけでもないので、クリアするためにはおおむね3ないし4のテンポラリアイテムが必要となる。こちらが7匹倒してテンポラリアイテム3個獲得しても、残り3匹が全て不滅隊側の得点となり、3-3でクリア失敗になるなどかなり理不尽な展開も起こりえる。

攻略

Lv99(アイテムレベル)時代

ジョブや作戦によってはソロでもクリア可能。上述の通り、不滅隊に有利なルールであるので、いかにインプにツバをつけられないようにするかがポイント。

ILがあれば火力では圧倒できるので、あえて最初の広場のインプ1匹を残して奥へ行く。移動速度アップ装備があるとなおよい。不滅隊が最初の広場のインプ1~2匹を相手にしている間に、奥のインプをかき集め手を出されないうちに始末する。こちらが8匹確保できれば勝勢であろう。損して得取れ。

Lv75キャップ時代

人数が多いほどクリアが楽になる。大きく分けて2パターンの攻略方法が存在する。

どちらのパターンでも、まず、スタート地点のNPCの前にメンバーを一人だけ残し、他のメンバーはエリア中央の広間、もしくは崖上まで移動する。

移動が完了したら、スタート地点に残ったメンバーがNPCに話しかけ、ミッションを開始する。その時、不滅隊の2人は、スタート地点に近い場所に出現したインプを狩り始めるので、散ったメンバーは不滅隊2人が近場のインプにかまけている間に速やかに無傷のインプを殺して回る。回復や防御を度外視した瞬発力を要求される。青魔道士ならソロで瞬殺可能。

殲滅型の場合は、不滅隊の2人は無視し、他のメンバーに合流するかソロで狩り始める。崖上から開始した場合は、途中で多数のインプ絡まれるため合流は難しい。合流前提なら広場から始めた方がよい。

マラソン型の場合は、不滅隊攻撃をしている通路のインプ挑発などをし、マラソンを行う。インプ不滅隊に殴られていても彼らにヘイトは持たず、あくまでもPCへ追いかけてくる。さらにインプそのものが俊足タイプなので、マラソン役は空蝉を使えることが望ましい。
この際、サイレスが入らないと魔法詠唱のためインプが立ち止まってしまい、不滅隊の餌食になりやすい。また、彼らは非常に足が速いので、夜間忍者等、高速で移動できる手段を用意するべきだろう。
崖上のインプが残っていると不滅隊が崖上のインプに向かった際にマラソンで妨害できなくなるので、マラソンする場合は崖上から開始して先に崖上のインプを倒しておいた方がよい。

マラソンをした方が倒せるインプの数は増えるが、マラソン役にはそれなりの死の危険がつきまとうので戦術選択の際には留意しておきたい。

内容を把握しメリポの要領で行い、最初の2匹以外から始めれば、殲滅型で5匹から6匹程度に落ち着く。マラソン型でうまく行えば7匹以上倒すことも可能。
テンポラリアイテムドロップ率PC,NPCとも同じ*2で同数では失敗となることを考慮すると、6匹で60%,5匹で40%,4匹でも20%程度の確率でクリアとなる。

関連項目

アサルト】【ドラゴンの小手】【パラディウムダガー
*1
この場合、よくて6匹しか倒せず、クリアのハードルが上がることになる。
*2
7割程度であるがクリアは倒した数に依存するので差し支えない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。