二十六夜(にじゅうろくや/Waning Crescent)
月齢の一つ。新月から数えて12番目の月齢にあたる。二十日余月の次、新月の前に訪れる。

リアルでは名前の通り太陰暦26日の月にあたる。特に、江戸時代には陰暦正月の7月26日の夜、月の出るのを待って拝むという風習があり、これが二十六夜待ちと呼ばれた。この月の光の中には阿弥陀・観音・勢至(せいし)の三尊の姿が見え、願い事を叶えてくれるという言い伝えがある。

英語版ではWaning Crescent(欠けつつある三日月)であり、特に二十日余月との(名称上の)区別はされていない。

関連項目

月齢
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。