型紙マラソン(かたがみまらそん)
アビセアの死闘」「アビセアの覇者」で追加された6エリアで特定のアビセアクエストを繰り返し行い、その報酬として型紙を入手する方法のこと。

型紙アビセアNM戦利品としても入手可能なことが確認されているが、こちらはクエスト消化するだけなので、ソロでも気軽に挑戦できるのが大きな特徴。さらにジョブや部位によっては、全く戦闘することなく型紙、さらにエンピリアン装束+1を手に入れることも可能となっている。

具体的な攻略法などはそれぞれのクエストの項に譲るが、移動速度アップ装備や同様の効果を持つ魔法アビリティなどがあれば、アビセアの滞在時間とリアルの所要時間のいずれも節約することができる。ある程度連続してクエストをこなす場合には、可能な限り用意しておきたい。

問題点

NMなどに依らずに高性能の装備を入手できるのは確かに魅力的だが、この型紙マラソンにもいくつかの問題点が存在する。

第一に、クエストの難易度の差が激しい点。
アビセアクエストの内容は特定のアイテムトレードするもの、ミニゲームを攻略するものなど多岐にわたるが、アイテムの取得方法や必要数、ミニゲームの難易度や所要時間などによって、クエストごとの難易度には大きく差がついているのが実情である。このため、必要な型紙を全てクエストで得ようとすると、種類によってはかなりの苦労を強いられる場合もある。

第二に、クエストクリア時に型紙がもらえるかはランダムで、その種類も4つ(胴は5つ)の中からランダムである点。
現状で型紙が取得できる確率はおよそ1/3との報告が多く、これを元にすると希望する型紙が得られる確率はおよそ1/12(胴は1/15)となる*1
このため、何回クエストを回しても欲しいジョブ型紙が出るとは限らず、出るにしても偏ることが少なくない。現状、型紙にはメイジャンの試練で用いる以外に使用法がなく、さらにトレードなどもできないため、上げる予定のないジョブ型紙や、8枚(胴のみ10枚)より多く出た分は全くの無駄になってしまう。
なお、「アビセアの死闘実装当初は型紙スタックできなかったため、マイバッグへの負担もより厳しいものであった。

第三に、アビセアの滞在時間およびトラバーサー石の消費が激しい点。
クエストにもよるが消化にはある程度の時間を要し、さらに前述の通り報酬もランダムなため、どこまで時間とトラバーサー石が必要になるか予測がつきにくい面がある。さらに、再オファーを受けるには一度アビセアから退出する必要があるクエストが多く、「残業」の一環として行うことも難しい。

もとよりアビセアにはいわゆる「アビセア乱獲」や、アートマエンシェントジェイド・その他の装備品の取得など、他にも魅力的なコンテンツが存在しており、それらとの兼ね合いもあって石のやりくりに悩まされる冒険者も少なくはない。

NM討伐との比較

2010年11月現在ではNMドロップする型紙の種類については情報が出揃っており、また黄弱点の詳細が明らかになったことでNMから型紙を得やすくなったことで、型紙集めとしてはこちらがメジャーになっている。
さらに2010年12月には審判のジェイド実装され、パーティー内に同ジェイドの所持者が一人でもいれば、黄弱点を的確に狙うことが可能となり、NM討伐による型紙収集のハードルは緩和されたといえる。

NM自体の強さはさまざまではあるが、少人数パーティでも難易度が低い相手が多く、特定の型紙に対する入手効率や確実性については、基本的にはNM討伐の方に大きく軍配が上がることになる。
しかし、NMが有利なのは明らかであることから希望者が集中し、NM討伐に参加できなかったり、主催したり参加できてもNMの取り合いになる場合もある。一部位につき3種類のNMからの選択であるが、中には選択の対象外とされることが多いNMも含まれ、特定のNM集中することも多い。

一方で、型紙マラソンクエストクリア時に貰える型紙全てを入手したい場合においては、メンバーを集める手間などの面においてこちらが有利となる。
さらに一部ジョブの胴の型紙ドロップするNMは、必要なトリガーアイテムを得るために、別途NMを倒さねばならず、相対的に手間がかかる。
胴の型紙は他の型紙よりも必要枚数が多い事もあって、他の部位の型紙NM討伐で収集しても、胴の型紙だけはマラソンで収集することを選択するプレイヤーもいるようだ。

また、名声稼ぎを兼ねる場合や報酬が魅力的なクエストについては、効率度外視でマラソンを行うため、当初より型紙マラソンを兼ねて行い、不足分をNMから取得する場合もある。

型紙マラソンは「(場合によっては)効率が悪いのを承知で、ソロで他プレイヤーに干渉する/されることなく、気軽にAF3を入手したい」というプレイヤーの希望に答えたものと言える。実際そこそこ需要はあり、プレイヤーにもおおよそ好意的に受け止められているようである。短時間しかインできない場合や、ライトユーザーにも適しているが、クエスト報酬狙いと平行して長時間のマラソンに挑むユーザーも少なからず存在する。

また、NM戦で得た型紙が必要数に満たず、残り必要枚数が1~2枚といった少数である場合、最後の一押しとして型紙マラソンを選択する人もいる。
……もっとも、そこで目的の型紙が出るとは限るものではなく、短時間のNM戦を主催した方がよっぽど効率が良かった結果になることも、ままあることではある。必要枚数が少ないということは、同時に「運の要素が強くなる」ことを忘れないようにしたい。

2013年8月6日のバージョンアップでは死闘エリア覇者エリアクエスト型紙が得られる確率が引き上げられたため、マラソン型紙が手に入る確率も改善されている。

関連項目

アビセアクエスト】【アビセアの死闘】【エンピリアン装束】【型紙】【マラソン
*1
希望の型紙が複数あり、それらが同一のクエストから得られる場合は、この限りでは無い。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。