ジェイド(じぇいど/Abyssite)
  1. アビセアン(VNM)を探知するために必要なだいじなもの
    本項で解説する。
  2. アビセアに関する様々な効果が得られるだいじなもの
    エンシェントジェイド】を参照。
  3. ヴォイドウォッチに関する様々な効果が得られるだいじなもの
    六芒星のジェイド】【タリスマンジェイド】を参照。

ジェイド三日月形のジェイド

ヴァナ・ディールとは異なる世界由来の、翡翠に似た謎の鉱物。
振動と光を発し、姿の見えないモンスターを探知することができる。また、モンスターと干渉することでより強力なジェイドへと変色する。

ヴァナ・ディールで用いるジェイド10種類、アビセアで用いる三日月形のジェイド10種類の併せて20種類がある。
ジェイド三日月形のジェイド
無色
(Step1)
無色のジェイド三日月形の無色のジェイド
変色
(Step2)
変色ジェイド三日月形の変色ジェイド
有色
(Step3)
水色のジェイド
橙色のジェイド
茶色のジェイド
黄色のジェイド
紫色のジェイド
灰色のジェイド
三日月形の赤色のジェイド
三日月形の青色のジェイド
三日月形の緑色のジェイド
三日月形の紅色のジェイド
三日月形の蒼色のジェイド
三日月形の翠色のジェイド
三日月形の緋色のジェイド
三日月形の碧色のジェイド
三日月形の藍色のジェイド
黒色
(Step4)
黒色のジェイド

用途

無色のジェイドAssai Nybaemから、三日月形の無色のジェイドCruor Prospectorから購入することができる。

ジェイドを所持した状態で特定のエリアヒーリングすると付近にいるアビセアンの方角と距離を特定できる。
距離は最大300YmMAP2マス)まで捜索可能、その範囲内に居ない場合は「どうやら近くには何もいないようだ。」というログが流れる。
エリア内のアビセアンが狩り尽くされて1匹も居ない場合、ヒーリングすると「気配がない」と表示される。

アビセアンに非常に近づいた状態でヒーリングするとジェイドの種類に応じたアビセアンが襲ってくる。
また、アビセアンを撃破すると所持しているジェイドが別の色に変わることがある。

変色パターンは以下の通り。
無色のジェイド変色ジェイド → 水色・橙色・茶色・黄色・紫色・灰色のジェイド(地域によって異なる) → 黒色のジェイド

有色→黒色は正確には変色ではなく、戦闘開始時に有色が砕け、勝利時に一定確率で黒色が手に入る。

三日月形のジェイドアビセア内でVNMを探知するために用いられ、こちらも無色→変色→有色と変色していく。こちらも必ず変化するわけではないが、星唄の煌めき【六奏】を所持していると100%変色させることができる。

有色ジェイドおよび黒色のジェイドは対象のNMを沸かせた段階で砕け散り消滅する。
また、通常エリアジェイドAssai Nybaemに、三日月形のジェイドCruor Prospectorに処分してもらうことができる。

既知の問題点としては、メインジョブのレベルに関係なくジェイドの該当エリアヒーリングすると反応してしまうため、運が悪いと低レベルのジョブソロで上げてる最中にアビセアンに襲われる可能性がある*1。また、エーススプリンターのために不用意にヒーリングしても襲われる可能性がある。これを完全に回避するためには基本的にはジェイドを処分するしかないが、だいじなものであるためその場で捨てることもできず、購入したNPCの元へ行き処分してもらうしかない*2。また、変色させたジェイドを処分するとまた変色作業からやり直しになってしまうために、なかなか不都合である。

ほぼ同じタイミングで複数のPCアビセアンを出現させようとした場合、コンタクトを試みたPC全員に対して出現判定がなされてしまう不具合が報告されている。
低位のジェイドであればただメッセージが表示されるだけだが、黒色や三日月形の有色ジェイドの場合は占有権が無いままジェイドが砕け散ってしまうこともあるため、注意が必要である。

メイジャンの試練におけるStep2アビセアン狙い撃ち

ジェイドを着色した場合、対応するアビセアンしか沸かなくなるため注意が必要。また色付きのジェイドを持っているエリアでは無色のジェイド変色ジェイドにすることが出来ない*3。他の対応する色付きジェイドを持っていないエリアに行き無色のジェイド変色ジェイドに変えてくれば、Step3とStep2のアビセアンの両方を感知できる状態になれる。しかも色付きジェイドを持っているエリアでは変色ジェイドは色が付かなくなるためStep2のNM狙い撃ちする事も可能。ただしStep3のアビセアン感知に引っかかるため、結果的には色付きジェイドを処分したほうが早いという事もあり得る。この状態で探索をする場合、力強い反応が見えたら、まずはその方角へずっと歩いていき、20Ymほど通り過ぎてからもう一度ヒーリングするとそこへStep2のアビセアンがいることもある為、計算に入れておく必要がある。

なお全エリアに対応している黒色のジェイドを所持していても、無色のジェイド変色ジェイドにすることはできる。この場合も色付きジェイドを持っている時同様にYilbeganが一番近くにいるアビセアンの場合感知してしまう。今現在ではさほどいいアイテムも落とさない上に指定のNMを探しづらくなるので黒色のジェイドは処分してしまうのも良いかもしれない。

名称について

ジェイド(Jade)とは翡翠のことである。
古代日本では神秘性のある石として珍重され、翡翠製の勾玉が数多く出土しており、スクウェアから発売されたRPG「ルドラの秘宝」ではこれをモチーフにした「ジェイド」という宝玉がストーリーに深く関わった。
FFシリーズでは、FF2のラストダンジョンにつながる洞窟の名前が「ジェイド」であった。
英名はAbyssite(奈落石)と、やや味気ないものになっている*4

関連項目

アビセアン】【Assai Nybaem】【アビセア
*1
特に西サルタバルタOP付近にアビセアンがわくために注意が必要である。
*2
例外として、レベル制限及びレベルシンク状態ではジェイドは反応しない仕様のため、レベルシンクでのレベル上げの最中は気にせずヒーリングが可能である。言い換えれば、アビセア内でもレベルシンクをしておけば不用意に襲われる事故を防ぐことも可能。逆に、シンク中ではコンタクトしたくても出来ないということでもある。
*3
確率が低い?要検証
*4
”○○の翠色ジェイド”の英名が”Jade Abyssite”である。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。