アストラルリング(あすとらるりんぐ/Astral Ring/Bague astrale/Astralring)
指装備の一つ。
25HPMP変換
Lv10~ All Jobs

獣人印章BF闇夜の舞姫」及び「三つの葛籠」の戦利品
Lv10で25ものMPブーストを可能にする希有な指装備
しかもRare属性がついていないため、左右に装備してMP50+も可能である。
ただし、装備可能になるLv10で後衛HPの上限を50も減らす事はかなりの危険が伴う。
PTの際、敵のWSに巻き込まれて即死などといった事故も起こりかねない為、注意が必要であろう。

入手方法の変遷について

かつて入手方法がオズトロヤ城宝箱からだった頃、この指輪はシーフによるツール開け金策の格好の獲物にされており、AF取得希望者(赤魔道士暗黒騎士吟遊詩人、皮肉な事にシーフ自身も含まれる)との確執を生む事があった。一方で、AF目的のPCに対し位置の情報を提供し、無事目的を達成させる事で、自分やシーフ全体の評判が下がらないよう努める者もいた。

どちらにせよ、この頃は横の繋がりの無い一般のPC達が各々箱開けに奔走していた為、まだ価格操作と言う悪しき事態には至っておらず、また「見方によってはシーフ乱獲によって供給が安定している」というやや好意的な意見も散見された。

しかし、後に業者オズトロヤ城へ進出した事により、更に熾烈な取り合いが幕を開いた。彼らは自身の評判を気にする必要が無いので、AF希望者に掛ける情けも一切無く、24時間体制で宝箱POP場所全てに張り付く等の容赦無い人海戦術を展開した。一般のPCは抗う手を失い、結果アストラルリング業者に独占されるようになった。流通を牛耳った彼らはやがて価格操作に着手し、果てには100万以上にまで相場が暴騰した鯖もあったようだ。AF取得希望者とMPmaxの少なさに悩むガルエル後衛にとっては冬の時代の訪れだった。

この由々しき事態に開発チームも遂に重い腰を上げ、獣人印章BF闇夜の舞姫」及び「三つの葛籠」の戦利品としてこの指輪が得られるように仕様変更される。そしてオズトロヤ城宝箱からはセーフガードリングと言う、全くプロパティの異なるアイテムが出るように変更された。

これにより業者の価格操作は解消されるが、BF戦利品となって供給量が減った事もあり、プレイヤー間の取引価格は(業者独占時代程ではないにせよ)依然高騰したままと言う状態であった。

この装備が手に入る三つの葛籠は玉砕覚悟でなくても忍者ソロが可能であり、さらにミンストレルリングソーサラーリングといった高額装備が出ることもあって、ソロでやれる人気BFとなっている。
そのため供給は少なくなく、さらに充分な数が出回ったためか、どの鯖でもお手ごろな値段となっている。
むしろ現在では上記の高額装備に比べればハズレ扱いさえされるという有様である。
今はなき失われた文化で言わせてもらえればアストラルリングの真骨頂 それはレベル10~のレベリングだろうか 砂丘エリアにてケアルIIをアストラルの力で白魔道士が比較的多めに唱えられる事である。

関連項目

変換装備】【緑のゴキブリ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。