三つの葛籠(みっつのつづら/Treasure and Tribulations)
バルガの舞台Burning Circleコメットオーブ(獣人印章50個と交換)をトレードすることで挑戦可能な、Lv50制限6人BF戦の名称。

概要

敵は「Small Box」「Medium Box」「Large Box」のミミック3体。通称「宝箱BC」「ミミックBC」。

3体のうち1体を攻撃し、その箱がいわゆる「当たり」だった場合、勝利したことになり、即戦利品を入手することが可能。宝くじ感覚で行くことができるため、ソロの挑戦者にも非常に人気が高かったりする*1

はずれだった場合でも、ミミックを倒すことにより戦利品を入手することが可能。
多大な労力を伴うが、ソロでの撃破報告もある。

戦利品

戦闘なしで成功した場合、枠は2つ。1つはジョブリング(+プラチナリング)、もう1つが素材等(アストラルリング素材枠)。


一時期は高額だったレイズIIアストラルリングが手に入ると言うことで、悲喜こもごものドラマを生み出した。
特にアストラルリングは、オズトロヤ城コッファーから手に入っていたモノが、乱獲対策でこちらのバトルフィールドに移動したという経緯もある。
2009年5月時点の「当たり」としては、アストラルリングの他、ジョブリングのうち、ソーサラーリングミンストレルリングだろう。

由来

いわゆる昔話として日本人には馴染み深い「舌切り雀」が名称の元ネタだと思われる。*2
もちろん小さい「葛籠」を選べば確実に「小判」がもらえるわけでもなければ、大きい「葛籠」を選んだからといって「化け物」に襲われるわけではない。

備考

英語名は直訳すると「財宝と苦難」だが、ともにtrで始まる単語であるところに「3」の意味が引っ掛けられている。
ラテン語系の言語では、tres(ラテン語)、tre(イタリア語)、trois(フランス語)など、3を意味する単語はtrで始まる。英語でもtri-、tre-が語幹として3を意味する単語は多い(triangle<三角形>、triple<三重>など)。
*1
ガブガブ様、ガブガブ君の愛称で慕われる場合もある。
*2
ちなみに本家は大小二つの葛籠しか出てこない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。