リンダシールド(りんだしーるど/Rinda Shield)
の一つ。盾タイプは3。2014年3月18日のバージョンアップで追加された。
グラフィックダークシールドと同じ。
Ex
62 盾スキル+112 被ダメージ-5%
Lv99~
               <ItemLevel:119>

店売り不可。
同一アカウント内であれば宅配可。

マリアミ渓谷、またはヨルシア森林〔U〕に出現するメナスインスペクターNMPodargeドロップする。
紫電のユグ準結晶を持っている場合、INV.ワークスのForri-Porriから150,000メナスプラズムと交換できる。

エアリキッドを用いたアーケイン・グリプト付与により、装備性能を段階的に強化することが可能。強化インベンター・ワークスBenjamienが行ってくれる。

各Typeの最終オーグメントは以下の通り。
Typeオーグメント
Type:AHP+75 VIT+7 被物理ダメージ-3%
Type:BHP+ VIT+ 被魔法ダメージ-
Type:CMP+30 被物理ダメージ-3% 被魔法ダメージ-3%

TypeRank
1 2 3 4 5 6 7 8 9101112131415
AHP+51015202575
VIT+-----7
被物理------3%
BHP+555
VIT+-5
被魔法--1
CMP+2468101214161822242830
被物理----------1123%
被魔法----------1123%

基本性能は、特殊性能を除外すればプリュウェンとほぼ同じ性能となっている。リアクトファランクス効果アップが付かない分、発動率が上がることは無い。

かつてはType:Cを選ぶことによって、プリュウェンを超える被ダメージ-8%とすることが出来た。
発動率こそプリュウェンオハンには及ばないものの、ダメージカットを稼ぐことが出来るので、他の部位で装備に幅が効くというメリットがあったが、2016年2月10日のバージョンアップOboro製ジョブ専用装備オーグメントが付与可能になり、プリュウェン被ダメージが最大-9%に出来ることで、ナイトにとってはリンダシールドを使うメリットはほぼなくなった。

歴史

元々の装備ジョブだったが、2015年5月14日のバージョンアップ戦士が追加された。

名称について

rindaには北欧神話に登場する女巨人リンド(古ノルド語ではRindr、ラテン語だとRinda)や、ラトヴィア語で「線」などの意味がある。

関連項目

メナスインスペクター
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。