Lungo-Nango(るんごなんご)
歴史上の人物で、ウィンダス連邦の英雄の一人。
生没年:天晶暦342~376

魔法の時代後期の大魔元帥。ゲーム内ではデュナミスドロップする旧貨幣ルンゴナンゴ翠貝貨や会話中に名前が出てくる。

ジョブ獣使い*1で、クァールのメウルル(名前から察するに♀だろうか)を生涯の友とした。魔法に関しては才能が無かったらしく、魔法学校は中退するも、軍に入り魔戦士として活躍。よほど武勲があったのか、24歳で戦闘魔導師団長に抜擢される。

368年には政情不安定であったウィンダス領ガラダエルラダ(現ノルバレン)の属州長官に着任し、エルヴァーンガレヤン族サンドリア族を討伐。翌年には元老院エルヴァーン討伐を進言し、その場で了承を得て討伐軍を編成クォン大陸に侵攻。ロンフォールザルクヘイムと進軍しつつエルヴァーン諸族に相次いで勝利。

372年、特例で通常は元老院議員が勤める大魔元帥に任命。その年についにグスタベルグにまで到達し、翌年373年、エルヴァーン有力氏族シャティフ族が立てこもっていた最後の砦モルトゥーグを陥落させ、前人未到の二大陸制覇を成し遂げた*2。しかし帰国すると査問委員会に出頭を命じられ、作戦における独断専行を理由に大魔元帥を解任。挙句の果てには聖都追放刑としてマウラへ追放され、熱病のため没した。

トリビューンや公式設定資料集にははっきりとは記載されていないが、数々の武勲によってウィンダス連邦内での影響力が高まりすぎ*3、これを警戒する連邦首脳部によって粛清・暗殺されたようにも見える。正に「狡兎死して走狗烹らる」*4の故事の如くである。

皮肉なことに、彼の死後、ウィンダスには敗北が続く。377年のロンフォール総督府襲撃を皮切りにしたサンドリア族の反乱で現ザルクヘイムを失い、382年の第二次エルヴァーン討伐軍は後任の大魔元帥アトギノクトギが戦死する惨敗。399年には6個師団が護っていた、ノルバレンのジャビゴゴ砦が陥落。二大陸制覇からわずか26年で、ウィンダスクォン大陸から一掃されてしまった。ある意味、彼が生きていた間がウィンダスにとって最も栄光のある時代だったのかもしれない。

死から36年が経過した412年に名誉回復がなされ名誉議員の称号が送られたが、これは当時不可侵条約を結びに使者を出した、サンドリア王国ランフォル王の提案によるもの。また、同様に約300年後、彼の著したとされる魔道書をもとに戦術魔法大典「グリモア」が纏められ、当時のヴァナ・ディールに誕生した多くの軍学者(学者)の手に携えられることとなるが、これもバストゥークシュルツによる編纂である。
死後も自国からは顧られることの少ない男だった。だがその功績は国境を越えて確かに評価されている。

エルヴァーンの有力氏族が立て篭もっていた最後の砦、モルトゥーグを陥落させたルンゴナンゴ元帥は、モルヒェン岬に立ち寄ると、こうつぶやいた。
「終わっちゃった。つまんないな……。でも、まだ見ぬ海の向こうの敵が、ボクと戦いたくて、うずうずして待ってるよ、きっと…」
生まれながらの獣使いであったルンゴナンゴの周囲で護衛を務めていたのは、ほとんどが獣ばかりであったため、その本気とも冗談ともつかぬ台詞に、答えた者はいなかった。

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P145より。

なお、カンパニエスカウトNPCとして「ロンゴナンゴ(Rongo-Nango)」と名乗る人物が登場している。ウィンダスに対して警戒感を露にする様子から、関係者である可能性は高い。また、ワーグデーグ魔法書店の店主ワーグデーグ(Waag-Deeg)もルンゴナンゴの子孫を自称している。

関連項目

ルンゴナンゴ翠貝貨】【デュナミス】【旧貨幣】【ウィンダス連邦軍

外部リンク

→Vana'diel Tribune II No.16「常勝の猛者 ルンゴナンゴ」
*1
今日我々が言うジョブとしての獣使いの技が伝わるのは、もう少し後の話となる。
*2
彼の強さの秘密は天性の獣使いとしての能力以外にも奇想天外な戦術も挙げられる。つまり優れた知将でもあったということである。
*3
ルンゴナンゴ軍解体の際には、解散を拒む一部将兵によって、ルンゴナンゴ救出の反乱が企てられていたという。このことからも、かなりの信望を集めていたことが伺える。
*4
今まで一緒に狩りをしてきた犬も捕まえるべきウサギがいなくなってしまったら煮て食べられてしまうという意味
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。