サンドリア族(さんどりあぞく)
かつて存在したエルヴァーンの有力氏族のひとつ。その名称からもわかるように、現代の大邦・サンドリア王国の直接的ルーツである。

その名称を最初に年表で確認できるのは天晶暦200年頃。北方から移住しクォン大陸に分かれて広がったエルヴァーン氏族のひとつ*1として数えられている。天晶暦370年、ロンフォール近辺に住み着いていたサンドリア族は、(現代でいうところの)ノルバレンの属州長官ルンゴナンゴ率いるウィンダス軍に攻め滅ぼされてしまう。その後サンドリア族の残党は他氏族と連合を組み更なるルンゴナンゴの進軍に対抗するものの、あえなく敗れ去った。

転機となったのは、同じエルヴァーン有力氏族のガレヤン族からサンドリア族へ亡命していたランフォル・ドラギーユ――後の初代サンドリア国王が、反ウィンダスゲリラ活動に失敗した末の放浪から帰還したことである。族長に選ばれた彼に率いられたサンドリア族は、エルヴァーン統一を悲願に破竹の勢いで勝利を重ね、ついにはクォン大陸北部における巨大勢力となった。

天晶暦385年。ランフォル・ドラギーユはロンフォールエルヴァーンの有力者たちを集め、サンドリア族によるエルヴァーン統一、即ちサンドリア王国の建国を宣言する。

ちなみに現代のサンドリア王国でも多大な影響力を持つサンドリア国教会は、もともとサンドリア族女神信仰が建国後に国教として認定されたため生まれたものである。

関連項目

エルヴァーン】【サンドリア王国
*1
ちなみに他には、グスタベルグに住み着いた山岳民族シャティフ族や、初代タブナジア侯爵アルフォロンを輩出したビュルトラン族クォン大陸中部に勢力を持ち、クゥダフと争ったクームルド族など。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。