アラミスレイピア(あらみすれいぴあ/Aramis's Rapier)
片手剣の一つ。
グラフィックデュエルレイピアと同じ。
Rare
30 202 命中+3 受け流しスキル+5
Lv59~

赤魔道士専用。
60BFムーンオーブ天誅六人衆」もしくは「蒼の血族」戦で入手可能。

最大の特徴は攻撃間隔にある。片手剣で最速どころか一部の短剣をも凌ぐほどの間隔である。振りが早いということは即ちエン系の乗りがいいということであり、素のD値こそ低いものの通常削りにおいて比較的安定した数字を出すことが可能。
反面、D値に威力が依存する物理WSダメージは力不足な感はあるが、強化魔法スキルが高くなればそれらを埋めるほどの削り能力を見せてくれる。

BF品のため、似たような性能の近衛騎士制式帯剣(33 215 命中+6 受け流しスキル+5 Lv55~ )と比べ値段が高い。だが、D/隔サーベルとほぼ同じであるためわりと長生きな武器である。

好みの問題も有るが、D値重視のゴールドソードアネラス、もしくは名剣(エンハンスソードジュワユースなど)あたりが持ち換え候補か。

なお、クリシュマルド等と異なりアラミスが誰なのかは作中で未だ明らかになっていないが、現実世界に於いてアレクサンドル・デュマ(父)の大河小説「ダルタニャン物語」(いわゆる「三銃士物語」はこれの第一部に相当する。)に登場する三銃士の一人にその名前を確認できる。ネタ元である可能性が高い。

FINAL FANTASY XI βVersionではAsphodel及びSlobbering Sue戦利品「アラミスのレイピア」として存在した。
Rare
18 224 MP+25 INT+5 MND+5
Lv30~

関連項目

赤魔道士専用片手剣

外部リンク

→三銃士- Wikipedia
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。