ボロ鯖13日戦争(ぼろさばじゅうさんにちせんそう)
06年7月26未明より複数のサーバー(全サーバーではない)でビシージが連続波状攻撃的に発生した不具合において生まれた逸話。

メンテナンス後に拠点勢力の表示の不具合(?)等が発生し、「蛮族撤退」のメッセージが流れた直後再び「蛮族進行開始」のメッセージが流れ、無限ループで蛮族が攻めてくる事件が発生。
多くのサーバーにてアルザビ陥落という悲劇を生んだ。

特に8鯖(ヴァルファーレ鯖/ヴァル鯖)と13鯖(ディアボロス鯖/ボロ鯖)の激戦は熾烈を極めた。

激戦の上で惜しくも陥落したヴァル鯖及びその他ワールドからの情報提供・声援もあってか、ボロ鯖は実にヴァナ時間にて13日間に及ぶ連続ビシージを繰り広げ、多くの他鯖民を驚かせた。途中、五蛇将が全て倒れ、ついに皇都防衛値は0まで低下、封魔堂入り口付近での血みどろの戦いが繰り広げられていた。

日本時間深夜2時ごろから、トロール傭兵団9戦、死者の軍団1戦の10連戦を通じて魔笛を守りきったあとの15時過ぎ、ついに緊急メンテナンスがアナウンスされ、おそらく冒険者が大挙してヴァナ・ディールに降り立つようになって以来最もアツかった13日間に終止符が打たれた。

多くの鯖で魔笛が失われた一連の不具合の中、長時間に及ぶ死闘を繰り広げながら魔笛を守りぬいたボロ鯖はネ実などで讃えられ、その「13日戦争」は今回の不具合の凶悪さを端的に示す象徴的なエピソードととしてしばしば語られることとなった。

状況

おりしも同年7月25日には、蛮族軍に対する強力なNMの追加をはじめとする、ビシージの難易度上昇バージョンアップがあった直後の事であり、特に不具合の中心にあったトロール傭兵団Gurfurlur the Menacing(通称関羽)等は攻略法が未確立、周知徹底されていない時期であった事もあり、猛威を振るった。最終的には傭兵700人対関羽一人と言う、逆三国無双状態であった。

連続ビシージが発生したワールドの中で唯一ボロ鯖が魔笛を死守できたのは、それ以前に一度魔笛を奪われた経験を持ち、バグに突入した際の蛮族Lvが低かった事が大きいと言われる。結果、関羽との遭遇は最終戦近くなってからであり、攻略法もヴァルファーレ等、先に陥落した鯖からの情報を得る事が出来たのである。

プレイヤーの中には魔鏡割りや捕虜救出等、別働隊として支援を試みる者も居たが、同バージョンアップでは魔鏡の護衛NMの追加やモンスターの再配置等も行われ、こういった支援活動も満足に行う事は困難であった。

戦後

緊急メンテナンスに突入し、騒ぎも収束したと思われたが、緊急メンテナンス明けにもちゃっかりビシージ3連戦が多くのワールドで発生した。
ボロ鯖はこの3連戦も乗り切っており、全てが終わったのは連続ビシージの初戦から実に20時間余りも後の事であった。

なお、この3連戦に勝利したワールドでは、NPCが全く表示されない、アルザビの扉が開かず、白門モグハウスに移動できないと言った不具合が発生し、再度アルザビ緊急メンテナンスが行われた。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。