赤モコ草(あかもこそう/あかもこぐさ/Red Moko Grass)
布材の一つ。12個スタック可。
モコ草亜種
赤い色素を多く含む繊維が採れる。

ショップでの販売のほか、西サルタバルタ西サルタバルタ〔S〕ギデアスバフラウ段丘ワジャーム樹林グロウベルグ〔S〕での収穫によって入手出来る。モグガーデン木立」の下草の掃除でも入手できることがある。

トレダー装備などの素材に使用する赤草糸の原料。実装時には入手方法が収穫のみであったため、草刈鎌を持った多くの冒険者がこれを求めて、ギデアスサルタバルタを走り回った。

2014年7月8日のバージョンアップ実装された「モンスター飼育」で、餌として使用することができる。

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
ウィンダス森の区織工ギルド・F-12Meririスキルランク見習以上
200ギル
セルビナ織工ギルド・H-9Gibol
モグガーデン-Green Thumb Moogleアデニウムの思い出
144ギル

2014.6.17ギルドショップでの販売が開始された。2019.9.10ではGreen Thumb Moogleでの販売経路が追加されている。

売却標準価格は30ギル

読み方について

FFXI総合辞書においては「あかもこぐさ」として登録されている本アイテムだが、アトルガンミッション悪魔と悪鬼と」ではNPCが次のように歌っている。
Karababa : な・ぞ・の・た・ね♪
よ・ろ・い・む・し♪
あ・か・モ・コ・そ~♪

アイテムチームと脚本担当の間に連携が取れていないのか、意図的に変えているのかは不明だが、今更歌詞を「あかもこぐさ」に変えてしまうと極めて語呂が悪くなってしまうため、変更はないと思われる。

設定

トレダー装備の設定によるとモコ草の外来種らしく、近年ミンダルシア大陸南部で自生が確認されたとある。

実装時はミンダルシア大陸南部(サルタバルタ周辺)でしか入手できなかったが、その後エラジア大陸西部で収穫できるようになったところを見ると、おそらく原産地は近東だと思われる。

自生が確認されたのは近年だが、西サルタバルタ〔S〕でも採れるところを見ると、この種の移入はずっと前から始まっていたようだ。

赤モコ草モコ草亜種とされているため、繊維質が赤いアサ(のようなもの)だと思われる。ウルブカ大陸には同様に赤い繊維が取れる赤麻という植物が生えているが、現実世界のアカソがモデルなら、モコ草のモデルであるアサとは別種の植物である(前者はイラクサ科の多年草、後者はアサ科の一年草)。つまり、赤モコ草赤麻は、赤い繊維が取れるという共通点はあるものの、全く別種と思っておいた方が良さそうである。

関連項目

赤草糸】【モコ草
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。