エウリュトスボウ(えうりゅとすぼう/Eurytos' Bow)
レンジウェポンの一つ。スキル弓術。通称「エウボウ」。
グラフィックウォーボウと同じ。
71 490 STR+3 AGI+3 飛命+2 飛攻+23
Lv55~

ク・ビアの闘技場で行われるムーンオーブ獣人印章60枚)によるバトルフィールド戦「ドーフェ兄弟」で入手できる。

かつては、フェ・インNMEastern Shadowドロップしていたが、NMの出現間隔が長いことや(16時間前後)、ドロップ率の低さにより非常にレア度が高く、またその飛びぬけた性能(下記参照)、狩人一強時代による人口の増大、2009年現在と比較してのインフレなどから、大変高額*1で取引されていた。

その為次第にRMT業者PCによる独占が行われるようになった為、2007/3/8のバージョンアップにより本武器は入手方法が上記バトルフィールドに変更され、現在はNMからは同性能のRare Ex装備ヴァーリボウ」をドロップするようになっている。

Lv55~の武器としては、同じレベル帯のあらゆる種類の武器と見比べても「異常」としかいえないような性能を誇る。このレベルで修得するWSサイドワインダーとあわせて、レベル上げで用いるとすさまじいまでの威力を発揮する。Lv75まで一線級の弓であり、現在でこそ高いレベルになればコブラボウ並びに筆頭魔戦隊長弓や、重藤弓オティヌスボウなど、それと同じくらいの性能のレンジウェポンが使えるようになるのだが、それらが実装される以前はブッチギリで最高性能の弓であった。

過去の狩人スレにおける最強論争のループ話題には、筆頭魔戦隊長弓等が実装された後でも根強く登場していた。
各種レリック実装に伴って与一の弓アナイアレイターが登場し、各サーバーに使用者がちらほらと見かけられるようになった現在では、これらが最強であるというのはあまりにわかりきっているため、武器の最強論争そのものが見られなくなっている。

似たような境遇の武器として、格闘武器クロスカウンターがある。

出典

ギリシャ神話にはエウリュトスという名前の人物がとてもたくさん出てくる*2

この中でもオイカリア王エウリュトスはアポロンから授けられたという特別な弓を所持していたため、このアイテムはそれをモデルにしていると思われる。オイカリア王エウリュトスは、ヘラクレスに弓術を教えた人で、後にヘラクレス自身に殺されることとなる。

他にもFFXIには巨人エウリュトスを元にしたと思われる巨人族NMEurytosが登場するが、オイカリア王とは別人である。

またモリオネス(エウリュトスとクテアトスの双子の兄弟)の名を冠するアイテム(モリオネスリングモリオネスシックル)も存在するが、このエウリュトスも別人である。

関連項目

弓術】【ヴァーリボウ】【セレーネボウ】【エウ帝国

外部リンク

*1
サーバにもよるが、距離補正導入以前に1000万ギル超など
*2
外部リンク参照。ちなみに英語版はもっとすごいことになっている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。