デフェニングタンタラ(でふぇにんぐたんたら/Deafening Tantara)
インプ族特殊技
自身を中心とした範囲内のプレイヤー静寂状態にする。

インプが今なおメジャーな獲物として狩られ続ける一方、後衛ジョブの胃を直撃する技である。
状況的にインプ攻撃するアタッカー盾役が受けることになる。
魔法が封じられてしまうが、ことの外効果時間は短くせいぜい30秒前後、長くても1分ほどで回復するため、タゲを取らない前衛放置していればそこまで支障の出るものではない。
だが、インプタゲを一身に受ける盾役については可及的速やかに治療することが望まれる。

対策

属性風属性であるが、格上インプを相手にする場合はバエアロバサイレスをかけただけではあまり効果は上がらない*1
レジストサイレスの効果がある装備品オペレッタを重ね掛けすることでかなりの割合でレジストできるようになるが、実用性については疑問が残る。

女神の慈悲女神降臨の章を使ってサイレナを範囲化することで一気に治せるが、サイレナデフェニングタンタラサイレナポイゾガII→デフェニングタンタラ・・・というパターンも珍しくない。胃が痛くなること請け合いである。

アブレーシブタンタラと同様構えから発動まで若干のディレイがある。回線状態や狩場の混み具合にも左右され、発動までが早いので難度は高いが、スタンスタン系WSバッシュなどで阻止することができる。これらスタン手段を持ったジョブの諸氏は、阻止を試みるのも手であろう。

名称について

デフェニングタンタラ(Deafening Tantara)とは「耳をつんざくような笛音」という意味。あまりに耳障りな音が閉口させてしまうのだろうか。

関連項目

インプ】【アブレーシブタンタラ】【静寂
*1
ただしカンパニエ救護兵インプが使うものはバエアロだけでも殆どミスになる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。