無限阿修羅拳(むげんあしゅらけん)
多段WSによる得TPのみでTPを100%以上に溜め、間断なくWSを使用する戦法。
2004年4月22日のバージョンアップ以前の、多段WSにより貯まるTPの量が、
得TP=(攻撃間隔によるTP量)×(命中回数)×(1+ストアTP/100)

で計算されていた時期に存在した技術である。2004年4月22日のバージョンアップ以降は仕様が変更されており、同様の方法では使用不可能となっている。

2004年4月22日のバージョンアップ以前

2004年2月26日のバージョンアップで追加された、極端に長い間隔を持つレリック武器を用いて多段WSを使用することで実現された。
レリック武器D値がすべて1(レリックナックルは+1)と非常に低いものの、格闘武器スキルが素手のD値を決定する性質のために有効な攻撃手段となった。

この方法が可能だった多段WSには、夢想阿修羅拳の他に二刀流を用いたヘキサストライクがあった。
メインウェポンによっては実用的なダメージが出せたものの、より実戦的な利用価値の高かった夢想阿修羅拳が主に使われたものと考えられる。

これを受け、2004年4月22日のバージョンアップに於いて、多段WSTP計算法が、
得TP={(攻撃間隔によるTP量)×(初段の命中数)+(二段目以降の命中数)}×(1+ストアTP/100)
格闘及び二刀流は左手も初段に含む

と変更され、夢想阿修羅拳に限らず回転率を身上とする多段WSの多くが大きく影響を受けた。
このパッチでの最大の被害者はペンタスラストを始めとする両手武器多段WSであろう。これによりTPをより早く貯められる二刀流の地位が確固たるものへと化していき、両手武器不遇の時代を歩むこととなる。


2010年12月7日のバージョンアップ以降

レリック装備などの間隔が長大な武器に加え、ストアTP2010年12月7日のバージョンアップ以降に実装されたセーブTPなどの特性を利用しつつWSを使用することで実現可能となった。
具体的には、
得TP={(攻撃間隔によるTP量)×(初段の命中数)+(二段目以降の命中数)}×(1+ストアTP/100)+セーブTP≧1000(=100%)

という計算を満たすことで可能となる。

マーシャルアーツが7段階目のモンクによる夢想阿修羅拳を例にとると以下の条件になる(2014年6月17日のバージョンアップ後については、新計算式に合わせて要更新)。


という計算を満たすようにストアTPセーブTPを調整することになる。

実際には得TPの比率の多くは初段のTPセーブTPに掛かっているため、WS多段WSである必要は無い。
また、二刀流であればメインウェポン短剣のような間隔の短いものであっても実現可能である。
一方で高ランク二刀流による間隔短縮は実現の阻害要因となる。

ロールが前提となる戦法の為に多少の運が関わるものの、実現可能なアビセアヴォイドウォッチにおいては非常に有効な戦法である。
それ以外の場面においては無限とはいかないものの、WSの回転率を高めるのは実用性のある戦法と言えるだろう。

関連項目

夢想阿修羅拳】【セーブTP】【レリックナックル
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。