サンドリア国教会(さんどりあこっきょうかい)
サンドリア国王に正式に国教として認定されている、サンドリアアルタナ信仰の教会。信徒の多くはエルヴァーン。総本山は北サンドリアにあるサンドリア大聖堂教皇を頂点とし、強力な聖職者組織を誇っている。現教皇シャマンド(Shamonde)

王権と二分する権力を持ち、サンドリア王国二重の支配構造を形成している。神殿騎士団も、活動資金がこの国教会から出ているため、名目上は国王の指揮下にあるものの、実際に大規模動員には教皇の許可が必要である。

その歴史と評価

ルーツはサンドリア族*1女神信仰にあるとされている。鉄血王ランフォルサンドリア王国成立を宣言したのは天晶暦385年のことだが、その25年後の410年に国教に認定。
認定から11年後の421年、ランフォル王が逝去した直後、国教会から支援を受けた王の三男――後の祈望王レスヴィエル*2が、ほかの兄弟を異端者として幽閉し即位。この一件を見ても、国教会はその成立のすぐ後から国内で大きな影響力を持っていたことがわかる。
その後は暗に明に、国教会の影はサンドリアの中枢でちらつくこととなった。例えば二王時代、「西サンドリア」の王を僭称したフェレナンが国教会の信を得ていたことは、僭称以前、兄であり当時の国王ルジーグの遠征の隙をついて王都を占拠したとき、その反乱がおもに神殿騎士団によってなされた、との一文が有力な証拠になるであろう。

また、天晶暦647年頃には宰相ロモビアサンドリアの財政を立て直すために、国教会の領地削減措置を行っているが、その数年後に暗殺されており、サンドリア国教会の暗部の存在が示唆されている。

現代においても国教会に比較的近しいとされるピエージェ王子が、兄のトリオン王子を差し置いて王となるための言動を一部の信徒がなしている。国教会の持つ闇は、冒険者が知りえる範囲以上に深そうである。
また全体的に荘厳かつ華美な儀式を重んじ、他宗派・他宗教に対し非寛容な面がある。

冒険者から見た国教会

プレイヤーサイドから見た場合、魔法王国ウィンダスを差し置いて、高度白魔法の研究機関と古代遺物や歴史関係の図書館として、高度な学術機関機能を持っている場所である。
たまたま拾ったヤバそうなブツお札の使い道を知っていたり、絶滅危惧種の巣を調べてくれたりするほか、白魔道士諸氏にとってはアーティファクト取得の舞台であると同時に、テレポシリーズ*3の受領場所として足繁く訪れることになる。

関連項目

Shamonde】【教皇】【神殿騎士団】【サンドリア大聖堂
*1
サンドリア王国の直接的前身となる、エルヴァーンの一民族。
*2
ちなみにその一年後に現代における国教会の象徴である大聖堂が着工、更にその一年後には神殿騎士隊(後の神殿騎士団)が成立している。素直に解釈すれば、レスヴィエルと国教会との関係の深さが想像できる。
*3
バストゥークシド研究室クリスタルライン研究と国教会の白魔法開発の技術提携の賜物である。ルシウスが仲立ちで進めていた仕事の一部であるらしい。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。