ロモビア(ろもびあ)
サンドリア王国の歴史上の人物。歴代の宰相の1人。生年 ? ~ 651年。
天晶暦650年前後(約230年前)に宰相として政務を取り仕切った。

当時のサンドリア天晶暦641年に狩王ドルミリックが逝去し、後に美食王と呼ばれるシャラムビール2世の治世となっていた。王の贅沢のせいなのか、それともバストゥークオーク軍との戦いでサンドリア全体が疲弊していたのかは定かではないが、当時の王室財政は逼迫しており、ロモビアは644年から経済革命を断行する。

特に目を引くのは647年から行ったサンドリア国教会の領地削減措置である。国教会は宗教団体ではあるが、サンドリア王家と密接に結びつき、政治的にも介入することがあるなど強い権力を持っており、その力を削ぐというのは宰相といえど大胆な決断だったことだろう。

このようにロモビアは聖域なき改革を断行しようとしたが、651年に何者かに暗殺された。

明言はされていないが、教会関係者によって暗殺された可能性があり、サンドリア国教会の暗部を示唆するような出来事であった。

コラム

サンドリアの税制の詳細は明らかではないが、現実世界の中世ヨーロッパでは教会が広大な土地を所有した上に、免税特権を持つなど、強い権力を持っていた時代があった。

教会勢力の衰退に伴ってこのような特権は廃されていったが、当時のサンドリアでも同じような状況にあったのかも知れない。

関連項目

宰相】【サンドリア国教会
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。