宰相(さいしょう)
  1. サンドリア王国における地位の一つ。本項ではこちらについて解説する。
  2. アトルガン皇国丞相の異称。こちらは丞相の項を参照。

国王の代理として王国の政務を司っている。また、諸侯議会に参加して王・諸侯らと合議の上、軍事・外交方針を決めるなどの政務がある。現代のサンドリア王国宰相ハルヴァー・M・ボーレル。

他にはC.E.847年に刑王グランテュールと共に刑法の改革を行ったペリデューク・ロシュフォン伯爵(Periduque)や、C.E.644年にシャラムビール2世の元で国教会の領地を削減するなど、聖域なき改革を断行して経済建て直しを行い、3年後に暗殺されたロモビアなどが知られる。

なお外国語版では、日本語版で「宰相」という言葉が使われている台詞にはMonarlais(モナレ、FFXIでは伯爵を意味する)を当てており、宰相を意味するChancellor(英語)やChancelier(フランス語)などは用いていない。

関連項目

サンドリア王国】【Halver】【Periduque】【丞相
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。