デルクフミッション(でるくふみっしょん)
三国ミッションジュノ大使館へ赴任」「ジュノへ」「新たなる旅立ち」の総称。国は違えど、ほぼ同一内容なためこのように総じて呼ばれることがある。

その名の通り「デルクフの塔」に関わるミッションで、ジュノ大使館の大使がデルクフの塔の調査に行ったきり戻らず行方不明となっているので、デルクフの塔へ赴き大使の捜索・救出を行うというもの。

道さえ分かっていればさほど苦労しないが、デルクフのカギ入手のために巨人族NMPorphyrion」を倒す必要があるので、最低でも討伐できるだけの戦力は必要となる。

移籍等ですでにデルクフ認証キーを持っていれば、いきなりデルクフの塔下層(1階部分)の各国に対応したCermet Doorを調べることで大使を発見できる。

なおミッションコンプリートに伴いランク4になり、報酬5000ギルを得られる。

攻略情報

敵に絡まれることなく進むには、Lv40後半は必要である。

サンドリア編「ジュノ大使館へ赴任

ドラギーユ城ハルヴァーに話した後(I-9)にあるDoor:Great Hallを調べてジュノ大使への紹介状を入手し、ジュノへ向かう。

ル・ルデの庭(G-9)にいるNelcabritに話すとイベントがあり、デルクフの塔を目指すことに。

デルクフの塔上層(H-8)周辺にいるNN、Porphyrionを倒してデルクフのカギを入手する。近くにあるElevatorにデルクフのカギトレードすると、だいじなものデルクフ認証キーを取得できる。取得後はデルクフのカギは捨ててしまって構わない。

あとはひたすら階段を降りてデルクフの塔下層(1階部分)に戻り、(M-8)にあるCermet Doorを調べると大使を発見できる。なおすでにデルクフ認証キーを持っている場合、一階入り口から直接(M-8)に向かい大使を救出することができる。

ル・ルデの庭に戻り(G-9)にあるDoor:San d'Orian Emb.を調べるミッション終了となる。

バストゥーク編「ジュノへ

大工房2階(I-9)にいるLuciusに話してジュノ大使への紹介状を入手し、ジュノへ向かう。

ル・ルデの庭(H-10)バストゥーク大使館にいるGoggehnに話すとイベントがあり、デルクフの塔を目指すことに。

デルクフの塔上層(H-8)周辺にいるNN、Porphyrionを倒してデルクフのカギを入手する。近くにあるElevatorにデルクフのカギトレードすると、だいじなものデルクフ認証キーを取得できる。取得後はデルクフのカギは捨ててしまって構わない。

あとはひたすら階段を降りてデルクフの塔下層(1階部分)に戻り、(L-9)にあるCermet Doorを調べると大使を発見できる。なおすでにデルクフ認証キーを持っている場合、一階入り口から直接(L-9)に向かい大使を救出することができる。

ル・ルデの庭に戻り(H-10)にあるDoor:Bastokan Emb.を調べるミッション終了となる。

ウィンダス編「新たなる旅立ち

ミッションオファーを受けると、星紋章入りの召喚状を渡される。その後天の塔最上階にあるDoor:Vestal Chamberを調べるジュノ大使への紹介状を入手でき、ジュノへ向かうこととなる。

ル・ルデの庭(I-9)にいるPakh Jatalfihに話すとイベントがあり、デルクフの塔を目指すことに。

デルクフの塔上層(H-8)周辺にいるNN、Porphyrionを倒してデルクフのカギを入手する。近くにあるElevatorにデルクフのカギトレードすると、だいじなものデルクフ認証キーを取得できる。取得後はデルクフのカギは捨ててしまって構わない。

あとはひたすら階段を降りてデルクフの塔下層(1階地下部分)に戻り、(M-7)にあるCermet Doorを調べると大使を発見できる。なおすでにデルクフ認証キーを持っている場合、一階入り口から直接(M-7)に向かい大使を救出することができる。

ル・ルデの庭に戻り(I-9)にあるDoor:Windurstian Emb.を調べるミッション終了となる。

デルクフの塔の謎

デルクフの塔に足を踏み入れるまでに成長した冒険者ならば、各地に存在する「ホラの岩」「デムの岩」「メアの岩」と呼ばれる謎の巨大建造物との類似点を見出すことができるだろう。
明らかに自然のものではないそれらは、いつ、何者が作り上げたのだろうか。そして、いかなる目的に用いられていたのか。

冒険者の手によって救い出された大使は「何者かに昏倒させられた」と語る。デルクフの塔に怪しい影がうごめいているのは間違いない。しかし今、冒険者にそれを知る術はない。

いつの日か、それらの謎が明かされる時が来るだろう。果たしてその時、何が起こるのか……。

関連項目

三国ミッション】【アンチーク・コレクター】【Porphyrion】【デルクフのカギ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。