ペルデュブレード(ぺるでゅぶれーど/Perdu Blade)
片手刀の一つ。2007年6月6日のバージョンアップで追加された。
グラフィックと同じ。
Rare Ex
27 190 潜在能力32
Lv73~

傭兵階級山猫少尉以上であれば、皇国軍士官から皇国軍戦績48,000ポイントと交換してもらえる。
モグの預り帳【01】に預けることができる。

潜在能力発動条件はTP1000未満またはWS使用時。また、隠し性能として+10と命中+5が付随する。

片手刀の中で非常に珍しい(実装当時は唯一の)カタカナ表記の一振りグラフィックと同じなので皇国が改良を加え独自に名づけたとも考えられる。

歴史

2007年6月6日のバージョンアップにより実装されたが、当武器を得る為に必要である新たな階級の「少尉」が次のバージョンアップに見送られたため、アイテムは存在し皇国軍戦績交換リストにも出ているが誰も取得不可能という謎の状況を生み出していた。

実装直後コレを見た一部の忍者たちはすぐに雲次雲生などを手に取り競売所へ走り、その結果一部の刀の価格に値下がりが起きてしまった。しかしその時点では事実上未実装だったため、サーバーにもよるがある程度の値下がりで底を打ち下げ止まっていた。

後日2007年6月13日のバージョンアップにより、昇進試験~少尉クエスト実装され、晴れて交換可能となった。隠し性能+命中+も開放当日に早くも検証がなされ、大方の予想通り優れた片手刀であることが証明された。少尉階級・皇国軍戦績48,000ポイントという高いハードルがあるため易々と入手できるものではないものの、片手刀市場に新たな波紋を投げかけることとなった。

Lv75キャップ時代装備レベル付近の片手刀と比較すると、サブウェポンとして最高クラスの武器であったが、Lv75キャップ時代終了後は、メイジャンの試練アビセアNMドロップなどの高レベルの片手刀に押されて出番が減っていき、アイテムレベルが登場してからは完全に一線を退いている。

関連項目

TP潜在武器】【片手刀】【雲雲
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。