腹話術(ふくわじゅつ/Ventriloquy)
2007/6/6のバージョンアップからからくり士に追加されたメリポアビ
対象モンスターの、マスターオートマトンへの敵対心を入れ替える。使用間隔:1分
能力値1で入れ替えた敵対心で高い方が5%アップ、低い方が5%ダウンします。

ヘーゼルサジタリウスWSフリントカプリコン精霊魔法などでマトンタゲを取ってしまった際や、ホワイトキャンサーがピンチのときに本体タゲを移したり、空蝉の術:壱を安全に張り替えるためにマトンに一時的にタゲを取ってもらうなど、黒衣チェンジと共に多彩な使い方ができる。
通常戦闘以外の用途としては、モンスターにからまれた際に腹話術→直後にディアクティベートとすることで敵のターゲットを切る手段としても活用できる。

2012年5月16日のバージョンアップでテコ入れが行われ、再使用時間が「2分で1段階ごとに15秒短縮」から「1分固定」になり、メリットポイントを振ることで2段階目以降は1段階毎に敵対心の高い方に+5%、低い方に-5%のボーナスが発生するようになった。
また、PNチュリダル+2オーグメント効果でもメリットポイントでの強化1段階ごとに高い方に+5%、低い方に-5%のボーナスが発生し、これらを合わせると最大で高い方に+45%、低い方に-45%の敵対心ボーナスが得られる。

エフェクトコリブリに使うとしっくり来る、ピンク系の球である。

過去の仕様

かつては腹話術自体にヘイトが発生していたため、射程こそ短いものの手軽な釣り手段として重宝されていた。黄色ネームの敵に使用すると、常に本体ターゲットが来る仕様であった。

2010年6月22日のバージョンアップヘイトが発生しなくなった。このバージョンアップでは、同時に腹話術の効果が正しく発生しない不具合が起こっており、2010年6月26日の緊急メンテナンスで「効果が発生しない不具合」は修正された。その後も腹話術自体のヘイトは戻っておらず、遠隔武器を使うことが難しいからくり士は、手軽な釣り手段を失ってしまう事となった。
しかしながら、オートマトン敵対心がのっていない状態で腹話術を行うことでマスターが対象のヘイトリストから抜け出す*1、といった使い方ができるため便利な側面もある。

関連項目

黒衣チェンジ】【微調整】【最適化】【メリットポイント】【PNチュリダル+2
*1
そのままディアクティベートするかオートマトンが倒されると、かくれるを使った時と同様に襲ってこなくなる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。