時の輪の交わる処(ときのわのまじわるところ/The Circle of Time)
吟遊詩人アーティファクト入手クエスト3回目。2002年12月19日のバージョンアップ実装された。

依頼主は、ジュノ港クフィム島への出口にいるイマスケ(Imasuke)。前クエスト誰がための鎮魂歌」をクリアし、吟遊詩人で話しかけるとクエスト開始。
指輪の謎を解き、
それがどんなものなのか調べてみよ。

前回のクエスト誰がための鎮魂歌」で手に入れた星の指輪
この鑑定をしてもらおうとイマスケに見てもらうと、汚れて銘等がまるで読めないため、ザルカバードにある洞窟の奥の「千年雪」に埋めて清めてこいと言われるところからクエストは始まる。

攻略手順

  1. 吟遊詩人ジュノ港クフィム島への出口付近(E-6)にいるイマスケ(Imasuke)に話しかけ、オファーを受ける。
  2. ザルカバード(I-10)にあるPerennial Snowを調べるリアルで1分ほど(ヴァナ時間では20分ほど)経ってから再度調べ、だいじなもの:星の指輪を入手する*1
  3. ジュノ港に戻りImasukeに話すとドラギーユ城の話が聞ける。
  4. ドラギーユ城(F-7)にいるシャルヴァト(Chalvatot)に話すとイベントがあり、だいじなもの:月の指輪を入手する。
  5. 修道窟(I-8)(奥修道ではない方)にあるAltarを調べるゴースト族NMのBugabooがPOPするので倒す。
    周囲には見破りを持つNMOrcish Warlord(Lv99でも絡まれる)がいるので、事前に掃除しておいたほうが良いだろう。
    倒した後Altarを調べるイベント
  6. ドラギーユ城に戻りChalvatotに話すとイベントがありクエスト終了。

報酬は、胴装備コラルジュストコル。また、称号が「典麗なる大吟遊詩人」となる。

このクエストではドラギーユ城に入る必要があるため、ある程度のランクが必要になる。ミッションそっちのけで詩人レベル上げをした場合、取得までのハードルが若干高いかもしれない。

クエスト時の輪の交わる処クエスト
誰がための鎮魂歌-

NMの攻略

他のゴースト族と同様、各種精霊魔法アイススパイク等の黒魔法を使用する。
通常攻撃追加効果に強力なHP吸収があるため、回避を期待できない場合の肉弾戦は厳しい。
HPは3500程度と周囲のオーク族より低いため、空蝉を張りつつ攻撃していけば苦も無く倒せるだろう。

歴史

ザルカバード星の指輪を清めるためには、元々は埋めてからリアル0時越えが必要だった。2014年6月17日のバージョンアップでは待ち時間が1分ほどに短縮され、ヴァナ0時越えすらも不要になった。

このクエストヘルプテキストは元々「指輪の謎を説き」と誤記されていたが、2015年5月14日のバージョンアップで修正された。

イベントについて

このイベントで出てくる国王と王妃が何者かはぼかされているが、イベントで出てくる過去のシーンから推測することができる。

まず、過去のシーンの中には2匹のグリフィンが王冠を支えるサンドリア王国の紋章が出てくるが、これは元々は1匹のグリフィンであり、龍王ランペールが2匹に変えさせたという経緯がある。

つまり、この時点で王はそれ以降の王、即ちランペールグランテュールデスティンのいずれかに絞られる。しかし、この王はサンドリアミッションで見られるランペールの姿と微妙に異なっており、また既に死んでいることからデスティンでもない。そのため、この王は消去法で刑王グランテュールということになる*2

このミッションで出てくる王の姿はデスティンに、王妃の姿はクレーディ王女に瓜二つであることから、彼らの血は子孫に色濃く受け継がれているようだ*3

NPCの名称について

Bugaboo(ブッカブー)はコーンウォール地方の妖精で、海と関係が深い。漁師たちは、ブッカのために魚を一匹置いてやり、ビールを少しこぼしてやった。そして、ブッカに豊漁を祈願した。
もとは、このように豊漁の神であったらしいが、後には子供を脅かすための小道具として名が使われるようになり、ボギー(Bogy)、ボーグルと同様に扱われるようになってしまった。
子供をしつける時によく引き合いに出される。「泣き止まない子はブッカブーに食べられてしまうよ!」

Perennial Snow:日本語版では「千年雪」と呼ばれている。直訳すると「永続する雪」の意味。
Altar:「祭壇」の意味。

関連項目

コラルアタイア
*1
だいじなものは名前は同じだが、ヘルプテキストの異なる別物になっている。
*2
月の指輪Chalvatotの家に代々受け継がれてきたということ、グランテュールの死亡が33年前であることから、Chalvatotの祖父の代あたりではないかと思われる。
*3
使い回し、と言ってしまえばそれまでなのだが…
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。