グリフィン(ぐりふぃん/Griffon)
サンドリア王家(ドラギーユ家)の紋章として使われている神獣
漢字では鷲獅子(じゅじし)*1と書く。

グリフィンの毛皮というアイテムがあることからヴァナ・ディールに実在するようだが、2008年5月現在では未登場である。王国旗の説明では神獣とされているが、将来的に召喚できるようになるのかも定かではない。

なお、過去シリーズではグリフォンという名前のモンスターとして何度か登場している。

また、アブダルス箱庭バリスタグリフィンチーム(緑)とワイバーンチーム(青)に分かれて行われる。

出典

グリフィン(グリフォン、グリプスとも)は鷲の翼と上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生物。語源は、ギリシア語のグリュプス(曲がった嘴)である。
その成立は非常に古く、神の車を引いたり、知識の守護者だったり、黄金を守っていたりと様々な形で描かれる。

また、鳥の王・獣の王が合体しているので、王家の象徴としてももてはやされた。ドラギーユ家の紋章となっているのは現実世界での使われ方をモチーフにしているのだろう。

また、ヒポグリフグリフィンと馬の交雑種である。

関連項目

ドラギーユ家】【グリフィンの毛皮】【ヒポグリフ
*1
FFXI総合辞書において「バリスタ鷲獅子法典」は「ばりすたじゅじしほうてん」と登録されている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。