〆役(しめやく)
FF11では、連携のフィニッシュを飾る役、またそのWSそのものを指す。「トス」に対しての言葉。

連携を行う際、連携ボーナスは後発のWSダメージに応じて決定されるため、必然的に大ダメージを伴うWSを後発に持っていった方が全体のダメージ効率は上がる。そのため、安定して高ダメージを出せるジョブなどが〆役に選ばれるケースが多い。これが高レベル帯になると、〆役連携ダメージがかなり高くなり、蝉が回らないほどにガッツりヘイトを稼いでしまいかねないため、シーフメインまたはサポ)の不意打ちだまし討ちを併用して、必中クリティカルの一撃を加えつつ、ヘイト盾役になすりつけ、タゲを安定させて〆たりすることもある。

ちなみに後発のWSが〆と呼ばれるようになったのは、特に核熱時代など段数の多い連携(当時は切断溶解お手玉の 3 ~ 5 連携などが行われていた)が主流であった頃、核熱を発生させると以降の連携が繋がらなかったことから、核熱を起こす者が連携を「締める」役という印象が強かったためである。湾曲 2 連が主流の虫虫ファンタジーでは、単に先発後発の概念しかないことが多く、「〆」と言われてもぴんと来ない人もあるかも知れない。

もっとも、今日では事前に示し合わせて連携することも少ないのだが…。

関連項目

連携トス役】【単発】【盾役】【支援役】【回復役
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。