Sverdhried(すう゛ぇるどりーど)
歴史上のNPC魔導剣士の技を編み出し、アドゥリンに残したことから、魔導の始祖と呼ばれる。
イラストを見る限り、種族はおそらくヒューム*1

ウルブカ大陸の2度目の開拓が始まった天晶暦400年頃に様々な大陸を旅しており、中央2大陸を訪れた際は各地の謎の装置で記録を残している。その中にタルタルの使う魔法に驚いたというものがあることから、他国に魔法が伝わる天晶暦395年以前にウィンダスを訪れているものと思われる。クエスト更に渇く男」では、スヴェルドリード天晶暦400年前期にアドゥリンへ帰ってきたとされている。

遍歴の剣士だったようで、「未踏の地だから」という理由でラゾア大陸に渡り、今は亡き魔法国家において魔導学を学び、そこで天才的な吸収力で魔導学を修め、魔導剣を編み出した後は、すぐにラゾア大陸から立ち去ったと言われている。

その後は、中の国において謎の装置を巡ってルーンの研究を続けていたようで、魔導剣士AFクエストでは彼の残した記録に触れる機会がある。

その後、彼の技はオーヴェイル家に伝えられていくことになる。オーヴェイル家の当主となったのか、剣客となったのかは定かではないが、今も彼の名はその技とともに現代に伝えられている。

Sverdhriedの血筋は現代にも残っており、「理の試練」における「ルーンの判定者」としてアドゥリン魔導剣士たちに影響力を保っているようだ*2

また、東アドゥリンには彼の名を冠したスヴェルドリード坂という場所がある。

外部リンク

→ルーンの担い手「魔導剣士」 (2013/03/25)

関連項目

魔導剣士】【ラゾア大陸】【スヴェルドリード坂】【エンデヴァー<理の覚醒>
*1
シルエットなのでエルヴァーンの可能性もあるが、身長や耳の長さからヒュームではないかと思われる。
*2
参考:クエストエンデヴァー<理の覚醒>
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。