Tangaroa(たんがろあ)
クフタルの洞門に出現するウラグナイト族リマスカブラNM
ヴォイドウォーカーの一体。

Tangaroa1

出現条件

六芒星の灰白色のジェイドヴォイドストーンを所持したPCMAP[2](F-8) テンキー1、(J-9) テンキー1、MAP[3](I-8) テンキー1にあるPlanar Rift調べると出現する。

Survival Guideから次のマップに進み、(J-9)テンキー1が近い。

MAP[2]は西アルテパ砂漠(I-4)から入って2枚目のマップテリガン岬に繋がるマップ)。MAP[3]はMAP[2](G-9)にある浮き沈みする岩の奥のマップMAP[3]はアクセス性が悪く、周囲の敵もLv80前後で視覚感知と厄介なため、基本的にはMAP[2]の2箇所で戦うのが良いだろう。

特徴

Amphitriteと同タイプのウラグナイト亜種リマスカブラで、固有技「ビルレントヘイズ」を使用する。

HPが減ると殻に籠って強いリジェネ効果がかかる。
この時に周囲に-200HP/3secのスフィア死の宣告スフィアが張られるため、前衛は下がって後方アタッカーで継続的にHPを削っていきたい。
IL119の状態でも、何も考えずに殴っているだけではこの毒で敗北する可能性があるので気を付けよう。
クリア目的ならディスプレイサーによる弱体も考慮に入れるといいだろう。

お供として頭足族のPekapeka、プギル族のMoki、クラブ族のKouraが同時に出現する。
Pekapekaが最も強く、HPが高い上にメイルシュトロム旋風で周囲にダメージを与え、またクロスアタックHPをごっそり削られることもある強敵のためできれば複数人で対処しておきたい。
またお供は倒してもボスが殻に籠ったタイミングで再呼び出しされる。

戦利品

モルスカマントパグロイデアリング銀鏡

ホワイトフェイズアラインメントの値によっては適応の暗色ジェイドが手に入る。

出典

Tangaroaはマオリ族の神話に登場する創世神。
大きな貝殻の中に住んでおり、貝殻と自らの血肉から万物を創り出したと伝えられる。

Pekapeka、Moki、Kouraはマオリ語でそれぞれ「コウモリ」「筏」「金」の意味。
あるいは、Pekaはクロアチアのタコを用いた伝統料理、Mokiはニュージーランド周辺に生息するユメタカノハダイ、Kouraは日本語の「甲羅」から採られているかもしれない。

関連項目

ヴォイドウォッチ】【ヴォイドウォーカー】【Amphitrite
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。