Isgebind(いすげびんど)
アビセア-ウルガランに出現する青いウィルム族NM
2010年12月7日のバージョンアップで追加された。

Isgebind

出現条件

アビセア-ウルガラン(I-5)(第6幽門石西)の???を「汚れたドラゴンの皮」を持ったPC調べることで出現する。

特徴

Jormungandと同様の氷属性特殊技を使用する。ただし飛翔はしないため、「スリートブラスト」や「タッチダウン」は使用しない。

氷系の精霊魔法ブリザドIV,V、ブリザガIII,IV)を使用する。
グレガーレウィング」(自己中心範囲、氷ダメージ+麻痺)を使用すると麻痺スフィアが発生する。「ホリッドロア」にはヘイトダウンの効果がある模様。
精霊魔法の威力が強烈であり、ブリザガIVであればシェルがあっても2000オーバー、ブリザドVにいたっては2500オーバーのダメージを受けることもある。スタンは有効なため、できれば止めたいところ。

後方から攻撃するとTP技を「グレガーレウィング」「スパイクフレイル」の2つに、側方から攻撃すると「グレガーレウィング」のみに限定することが可能。ヘイトリセットのある「ホリッドロア」や、厄介な「アブソルートテラー」、後衛が巻き込まれると危険な「スパイクフレイル」を封じることができる。盾役が1名の場合は後衛が被弾しない位置取りが可能な???の北にある坂の高低差を利用し、この方法で討伐すると有効である。
一方、メンバーのほとんどが空蝉を利用できるなどの理由で「スパイクフレイル」が脅威となりにくい場合においては、後ろから殴ることで「グレガーレウィング」を使用する割合を減らし、麻痺の発生を抑えるというのも有効な戦術となりうるだろう。

戦利品

輝金の討伐証スノーベルト(100%)、トリプルスダガーイサドルイスゲビンドの心臓(1~2)、他素材
条件を満たすことで霧氷のアートマを入手できる。

また、称号が「イスゲビンド デフロスター」(Isgebind Defroster:イスゲビンドの霜を払った者)になる。

名称について

古英語で「氷の足枷」という意味がある。

関連項目

Jormungand】【ドミニオン】【討伐証】【アートマ】【ジョブ専用武器】【属性ベルト】【Kur
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。