フェニックス/ネタバレ(ふぇにっくす)
フェニックスプロマシアミッションでは本体が出てくることはなく、セルテウス、もしくはテンゼン鳳凰丸を通してその意思を伝えてくる。

本体が出てこない(出てこられない)のには次のような理由がある。

1万年前、アル・タユに現われた「世界の終わりに来る者」ことプロマシアの器は自己の更なる合一のため、虚ろの器に蓄えられた虚ろなる闇を目指した。セルテウスはそれを防ぐため、虚ろの器の闇を取り込んで死んだが、そのままでは虚ろなる闇クリスタルに還り、転生してしまうため、フェニックスセルテウスと合一して彼を蘇生させたのである。この前後の経緯は【プロマシア/ネタバレ】の項に詳しい。

なぜフェニックスの半身が転移後のアル・タユにいたのかは不明。転移の衝撃によって半分に引き裂かれたか、アル・タユヴァナ・ディールの双方に代行者を配するために自らを半分に引き裂いたといったところだろうか。

ヴァナ・ディールに残されたフェニックスは半身では存在を保つことができなかったのか、尾羽や残り火を残して地上から姿を消している。

この残り火に命を捧げて鍛えられたのが鳳凰丸であり、テンゼンの佩刀としてプロマシアミッション星唄ミッションに登場する。

フェニックスの目的

霊獣はそれぞれの手段で世界の終わりや人間の滅びを回避しようとするが、フェニックスの取る手段は「虚ろなる闇ヴァナ・ディールから隔離する」という考えに基づいている。

1万年前は虚ろなる闇を取り込んだセルテウス蘇生することで虚ろなる闇転生を防ぎ、現代ではアル・タユ母なるクリスタルに他の母なるクリスタルの力を注ぎ込んでアル・タユを再浮上させ、「世界の終わりに来る者」(プロマシアの器)の降臨を防ぐために動いている。

冒険者母なるクリスタルの光の運び手「光の器」として選ばれ、セルテウス=フェニックスの当初の計画では、光を集めた後にアル・タユ母なるクリスタルの近くで砕かれて光をクリスタルに注ぎ込んだ後に、鳳凰丸の力で蘇生する手はずになっていた。

プロマシアミッションでの経緯

冒険者が光を集めてクリスタルの近くに来るところまでは実現したが、その後の経緯は当初の計画から大きくずれている。

まず、クリスタルにたどり着く前に鳳凰丸バハムート攻撃を防ぐために力を使い果たし、(鳳凰丸に宿った)フェニックスクリスタルに還ることになる。このことにより、冒険者蘇生することはできなくなった。ただ、「再度蛮族の血で鍛えればよい」という言葉が出てくることから、再び刀を鍛えることは可能である模様。

またアル・タユクリスタルの前に冒険者を連れてきたものの、プリッシュの説得とナグモラーダの妨害によって殺害はできなかった。これ以降、セルテウス=フェニックス世界の終わりに来る者プロマシアの器)を倒す方向に方針を変更する。

世界の終わりに来る者を倒した後も、セルテウス=フェニックスアル・タユの守り人となってヴァナ・ディールを見守っている。

召喚獣

ストーリーの進行度によっては死んでるも同然のフェンリルとも契約できることから、重要なのは契約であって、本体の置かれている状況にはそれほど左右されないことがうかがえる。つまり、半身が健在のフェニックスと契約できたところでおかしくはないはずである。

とはいえ、召喚獣フェニックス」の実装について公式からの発表はなく、メジャーバージョンアップが終了した今となっては新たなグラフィックやモーションを伴う新召喚獣が追加される見込みは非常に薄いため、召喚獣としては実装されることはないだろう。
ただし、その力の一端はリジュヴァネーションやライズフロムアシェズなど、一部フェイス特殊技として借りることができる。

星唄ミッションにおけるフェニックス

未来のフェニックスの力がイロハに宿っており、イロハを何度も復活させることになる。また、プロマシアミッションと同様、鳳凰丸を通じてテンゼンを導くことになる。

それまで羽根しか出てこなかったフェニックスだが、ミッションの最後の最後で1つになり、一瞬だけ完全な姿を見せる。
全てが終わったあと、その加護は鳳凰の息吹として冒険者に託される。

なお、アレキサンダーによるとフェニックスは「小生意気で小うるさい」らしい。

関連項目

フェニックス】【プロマシア/ネタバレ】【Selh'teus/ネタバレ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。