雲蒸竜変(うんじょうりゅうへん/Drakesbane)
クエスト神器<竜騎士>」をクリアするか、竜の髭強化後)を装備することで使用可能な両手槍WS
4回攻撃TP:クリティカルヒット確率修正竜の髭使用時:消費TPに応じたアフターマス発動。

連携属性核熱/貫通
倍率クリティカルヒット確率Hit修正項目
TP100020003000
1.0約+10%??×4STR50%

クリティカルヒット確率修正を持った両手武器WSでは最高の攻撃回数を誇り、ステータス修正もSTR50%と申し分ない。
しかし、攻撃力にマイナス補正がかかっているので、*1他のWSと威力を比較した際にも群を抜いて強いという程ではない。

ステータスブーストについてだが、クリティカルヒットを望むためDEXを考慮するか、それともDEXを無視してトコトンSTRブーストするかは意見が分かれる。対象に対しクリティカルヒット率向上を期待できるだけのDEXブーストが可能かどうかで装備を検討すると良いだろう。

なお、クリティカルWSであるため、先にスターダイバーを当てて攻撃対象の被クリティカルヒット率を上げる、アビセアエリアにおいて灰塵のアートマなどのクリティカルヒット強化するアートマを付けるなどの工夫をすることで、威力を跳ね上げる事が可能。

2014年6月17日のバージョンアップで行われたWS全体の調整の中で、基本性能に手を加えられなかった数少ないWSの1つ。
とはいえ、修正項目のレベル補正が撤廃されている分、威力は微増している。

名称について

雲蒸竜変とは「雲が湧き上がり、竜が現れる」様のこと。
また、それに例えて「英雄や豪傑が現れ活躍する」ことを表す熟語でもある。

英語のDrakesbaneでは「竜の破滅、竜殺し」となり、竜の立場が逆になってしまう。これは東洋では竜は自然や神秘的なものの象徴として崇められるが、西洋では災厄の象徴として忌み嫌われているためだろう。

関連項目

グローランス】【竜の髭】【ミシックWS
*1
ペンタスラストを超える攻撃力マイナス補正であることがわかっている。詳しい数値については18.75%や23%など複数の説がある。いずれにせよ20%付近の補正がかかっていると思われるが、今後のより詳細な検証が期待されるところである。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。