チョコボ優待券(ちょこぼゆうたいけん/Chocobo Ticket)
アイテムの一つ。12枚スタック可。
チョコボ厩舎が騎行普及のために発行している 無料乗鳥券。

一言で言ってしまえば「チョコボタダ乗り券」。珍しく貧乏人の懐具合を察したアイテムといえる。
これで騎乗した場合チョコボ代がつり上がらない仕様と言われているが、検証が待たれる。
チョコボ試乗券と異なり、チョコボ料金を払わずに乗れるというだけで、チョコボ免許やジョブレベルによる制限、騎乗時間は通常の騎乗と同様である。

なお、過去世界チョコボに騎乗する際、連合軍戦績代わりに使用することはできない。戦時中なので悠長に騎行普及している余裕はない、ということだろうか。

公式イベント時にモーグリが大量発行することで有名であったが、2005年7月19日のバージョンアップで追加された迷子のチョコボクエスト経験値アイテムに及ばなかったときの景品として入手できるようになった。


ジラートの幻影実装以降、ビビキー湾オンゾゾの迷路ボヤーダ樹リ・テロアオズトロヤ城といったミンダルシア大陸方面の狩場が高レベル冒険者御用達の狩場として賑わっていたが、いずれも立地が悪いため、「では徒歩で行きましょう」とは時間的に行かず、大多数がチョコボを利用して移動していた。
そのため、ジュノ港メアの岩など、ミンダルシア大陸方面へ出かけるのに便利なチョコボ乗り場では値段が高止まりしがちであった。
特にメアの岩チョコボは瞬間最大で10,000ギルを超えたという報告もあり、優待券を持っていれば表示額-200ギルぶん移動費がまるまる浮く計算になり、ギルの節約もさることながら、心労からの解放と優越感に浸れる素敵なアイテムといえた。

→2006年2月21日バージョンアップチョコボ料金が値下げにより、ピークでも1000Gを切ることが珍しくなくなり、更にアトルガンの秘宝の以降高レベルの狩場アトルガン地方に移ってからはチョコボ代は底値付近で安定するようになった。
このため、迷子のチョコボクエストでは経験値アイテムとの落差もあり、参加賞(残念賞)としてギサールの野菜と大差ない扱いを受けるようになる。
とはいえ、金額の多寡より「タダ乗り」できる満足感は健在である。

関連項目

迷子のチョコボ】【チョコボ試乗券
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。