アルゴル(あるごる/Algol)
  1. 両手剣の一つ。
  2. 両手剣の系統の一つ、グレートソードアルゴル類。

両手剣アルゴル

2006年4月18日のバージョンアップで追加された。
Rare Ex
85 489 +3 トリプルアタック+3%
追加効果:ダメージ
Lv75~

ゼオルム火山に出現するHNMCerberus」が稀にドロップする。

D/隔だけ見るとどうという事の無い剣に思えるが、追加効果の発動率は4~5割と異常な発動率を誇り、与えるダメージは30前後。Lv75キャップ時代装備としては、通常の両手剣よりも長い間隔を補って余るほどの削り能力を秘めている。
加えてトリプルアタックが+3%となり、両手剣TP速度、削りの遅さを多少なりとも改善してくれる。
このトリプルアタック+3%はWSにも有効であり、発動時には霊剣の名に相応しい絶大なダメージを叩き出す。

なお、同系統のグラフィックとしては合成により作成可能なゴールドアルゴルバハドゥール実装されている。

2013年12月11日に始まった公式イベント現役冒険者さんありがとうキャンペーン」では、プレゼントの一つに選ばれている。

アルゴル

世界設定

地獄の業火で鍛えられたと云われる、伝説の大剣。
大戦中、デーモンの将軍がこの剣を用いたことが記録に残されており、
この剣で斬りつけられた兵士は、傷口から火の粉を発し、もがき苦しみながら死んでいったらしい。

→公式:アトルガンの秘宝・特設サイト】より

勇者バルラーンが帯びていたと伝えられる、アトルガン皇国国宝の霊剣である。
天蛇将ルガジーンの愛剣。

地獄の業火で鍛え上げられた事、デーモンの将軍が用いた事を考慮すると、Cerberusドロップするのも分からなくもない。

出典

星の名前。
アラビア語ラス・アルグルから来ている言葉で「悪魔の頭」を意味する。
ペルセウス座の西北西にあるメデューサの額に輝く星。アルゴルは変光星であるため、当時の人々は気味悪がって不吉な星という事になったようだ。

両手剣の系統「アルゴル類」

489という両手斧HQ並の長大なと二股に分かれた刀身を持つ両手剣
アトルガンの秘宝以降の系統であり、品数は少ない。

名称Lv
IL
装備ジョブ
ゴールドアルゴル(+1)73
バハドゥール(+1)73
アルゴル75
フェルスアルゴル80
タングルマルクヴィ119

関連項目

Rughadjeen】【Cerberus
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。