岩融(いわとおし/Stone-splitter)
TP潜在武器両手槍版。
見た目はクーゼ等と同じ薙刀型だが、性能はスピア系に準拠している。
Rare
66 396 潜在能力:71
Lv73~

潜在能力発動条件は、TPが1000未満及びWS時。
この際記載されていない隠し性能として、+24と命中+10も付与されている*1

竜騎士にはD値が高い特徴を持つランス系の両手槍があるため需要は少ない。

でははどうかといえば、両手刀WS雪月花が強力なことや、偃月刀権藤鎮教など、より強力なクーゼ両手槍装備があるため、趣味装備ということになるのかも知れない。引き合いがあるとすれば、その独特な見た目程度であろうか。

入手先はENMトーテンタンツ巨人の貝塚
当然のことながら物凄いはずれドロップ扱いを受けている。

売却標準価格は6,120ギル

岩融とは

岩融は、立ち往生などで知られる「武蔵坊弁慶」が使用していた巨大な薙刀のことである。
刃の部分だけで三尺五寸(約105cm)と、普通のものに比べてかなり巨大だったらしいが、無論ゲーム中では反映されていない。

薙刀と言われて現代人がイメージする、時代劇でおなじみの形状のものは「小薙刀」と呼ばれるもので、おおよそ刀身と柄の比率が3:7となっているため、とんでもない大きさを想像しがちだが、弁慶の活躍した時代を鑑みるに、当時僧兵達が寺院の守りに用いていた「大薙刀」と呼ばれる、刀身と柄の比率が4.5:5.5程度の物ではないかと思われる。大薙刀の刀身の長さは80㎝を越えるものも珍しくない。

なお、固有名のはずなのだが英訳されると「Iwa-tooshi」ではなく「Stone-splitter」になってしまう不思議な翻訳がなされている。

関連項目

TP潜在武器
*1
ファイナルファンタジーXI プレミアガイド2013 -武器・防具ナビ- (ファミ通の攻略本)より。命中+5という説もあるようだが、ここでは書籍に沿った数値を記載している。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。