剣の舞い(つるぎのまい/Saber Dance)
メリットポイントジョブ別カテゴリー「踊り子」のグループ2。

効果中、ダブルアタック発動率アップ、ワルツ使用不可。ダブルアタック発動率は徐々に減衰する。使用間隔:3分
能力値1でサンバ効果時間を5%延長します。

効果時間は5分、扇の舞いと同時に使う事はできず、後から使用した方で上書きされる。また、手動で効果を切ることができる。

ダブルアタックの発動率は開始直後に最大で、攻撃を行うことで徐々に減少してゆく。WSにも剣の舞いによるダブルアタックが乗るため、WS火力アップにも貢献してくれる。終盤追い込み時や、急場の盾役交代準備に有効。扇の舞いの前に使うことで、ヘイトTPをうまく稼ぐことができる。

ワルツが使用不可となる事から、ソロ活動における踊り子自身の回復手段がドレインサンバのみに限定されることに注意。

尚、実装直後は手動で効果を切った後にも数秒間ワルツの使用制限が残っており、扇の舞い上書きした場合のみタイムラグが現れずに即時ワルツでの回復が可能であった。火急の際の対処として、覚えておいて損は無い知識だった。しかし、いつのバージョンアップからか、手動で切った直後でもワルツを使えるようになっている。
…はずだったが、いつの頃からかまたタイムラグが復活している。数秒の遅れが命取りになる事もあるだけに、早急に改善して欲しいものだ。

2012年5月16日のバージョンアップで、「使用間隔5分、能力値1で使用間隔を30秒短縮」から「使用間隔3分、能力値1でサンバ効果時間5%延長」に変更された。

ファイナルファンタジーシリーズ剣の舞い

過去シリーズではFFVに登場している。踊り子アビリティ「おどる」を実行すると、『つるぎのまい』『みわくのタンゴ』『ふたりのジルバ』『ミステリーワルツ』のどれかが発動(踊り子専用装備をすることで剣の舞が選ばれやすくなる)し、「つるぎのまい」が発動すると、通常攻撃の4倍のダメージを与えることができた。
FFT-A2では『剣の舞』の名称で登場。同じく踊り子(固有ユニット専用ジョブ)のアビリティだが、こちらは2回攻撃を行う効果となっている。

関連項目

扇の舞い】【ノーフットライズ】【C・ポジション
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。