練習相手にもならない(れんしゅうあいてにもならない/Too Weak)
モンスターを「調べる」ことで表示される相対的な強さ表記の一つ。「練習」、「練習以下」、「相手にならない」などと略される。

自分と相手のレベルに大幅な開きがあり、撃破しても経験値が貰えない敵。このため、シグネットサンクションがかかっている状態であっても、クリスタルを入手する事はできない。

経験値が入らないため、狩られるのはもっぱらアイテムギルを落とす敵、もしくはフェロー育成の際などに限られる。高レベルの冒険者が低レベルのレベル上げとしての狩場を枯らして、摩擦を引き起こすこともある。

パッチによって、練習相手の上位レベルが楽な相手判定に格上げされ、経験値が得られるようになっている。また、そのような楽な相手は、アクティブでも絡んでこない特徴がある(「絡まない楽」参照)。

基本的に調べたときに「練習相手にもならない」と表記されるモンスターアクティブの敵でもこちらから敵対行動を仕掛けない限り襲ってくることはない。ただし、ヒーリング中や/sit実行中など、こちらが無防備な状態である時に、本来のアクティブ感知範囲内に入っていると襲われる。
また例外として、トゥー・リア方面のスフィアロイド族は「練習相手にもならない」表記でも近づくと襲ってくる。

アイテムレベルによる影響

アイテムレベルつきの装備をしている場合、絡まれる相手でも練習相手と表示され、倒すと経験値が入ることがある。これは自身と敵の内部的なレベル差は変わらないのに、各種ステータスや強さ表示が変わってしまうためである。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。