ベンチャーロール(べんちゃーろーる/Venture Roll)
2007年3月8日のバージョンアップで追加されたミニゲーム。
基本的なルールはトランプのブラックジャックに似ていて、トランプの数値ではなく6面ダイスで行い数値の合計が11以下である点やディーラーがおらずプレイヤー間のみで勝負する点がなどが異なる。
ルールは簡略化されてシンプルなものが採用されている。

基本ルール

  • 会場は各地にある「Game Table」。場所により参加費が異なる。
  • 参加者は2名~4名。参加を申し込むと他の参加者を一定時間待ち揃わなければ不成立となる。
  • 6面ダイス振り、より11に近づけた者の勝ち。
  • 操作はダブルアップ(ダイスを振る)とホールドファスト(ダイスを振らず現在の数値で勝負)のみ。ダブルアップは制限時間リアル1分以内であれば何度でも可能。
  • ダイスの合計値が11を超えた場合はその時点で負けとなる。
  • 勝者が掛け金を総取りする。2名以上が同じ数値の場合は引き分けとなり参加費は全額返還される。
  • 引き分け以外ではいかなる場合でも参加費は返還されない。

会場

エリア定員参加費座標備考
ナシュモ2名5,000GG-9機船入口ガル横の箱
南サンドリア3名300GK-6獅子の泉
北サンドリア4名500GF-6鍛冶ギルド前の樽
バストゥーク港3名300GE-6蒸気の羊亭
4名500G
ウィンダス水の区3名300G北F-10音楽の森レストラン
ウィンダス森の区4名500GI-13競売右手壁沿いの箱
ジュノ上層4名10,000GF-7マーブルブリッジ
ジュノ下層2名500GH-8吟遊詩人の酒場向かい
3名2,000Gワーグデーグ魔法書店向かい
4名3,000G
ジュノ港4名1,000GI-8競売チョコボ厩舎前の樽

モデル

ベンチャーロールの基本的なルールは現実世界カードゲーム「ブラックジャック」をモデルにしていると思われる。

ブラックジャックプレイヤーに順番にカードが配られ、手札の合計値を21に近づけてディーラーと勝負する、というのが基本ルール。合計値が22以上になるとバストとなり、プレイヤーの負けになる。

FFXIではカードではなく1~6のダイスであること、目標となる合計値が11であることを除けば、おおよそ仕組みは同じ。ただし、カードをもう1枚引くのはダブルアップではなく「ヒット」、引かずにその時の合計値で勝負するのはホールドファストではなく「スタンド」と、用語が異なる部分もある。

関連項目

ラッキーロール
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。