ペリキア架橋作戦(ぺりきあかきょうさくせん/Building Bridges)
ペリキアドゥブッカ島監視哨)で行われるアサルト
山猫伍長以上の傭兵階級で挑戦可能。

ペリキアで作戦中の我が軍大隊が、敵に予定進撃路上の橋を爆破されて立往生している。
だが情報によれば、敵は攻勢に転じるため予備の橋をどこかに隠しているらしい。
アサルト要員は敵架橋装置を発見。これを起動せよ。

作戦領域ペリキア
作戦目標:架橋装置の起動
募集要員:レベル70 1~6人
作戦戦績:3,600
難易度:メンバーの経験に左右(★☆☆☆☆ ~ ★★★☆☆)
ソロ難易度:★★★★★
戦闘有無:なし

内容

作戦目標である”架橋装置の起動”は東西南北に位置する4箇所のスイッチを押すこと。
これを制限時間の15分以内に行えばミッションコンプリートである。

道中を塞ぐ相手は緑ネームラミア
視覚感知見破りつき)で、こいつらに捕まると戦闘には移行せずスタート地点に強制撤去させられる。

ラミア視界に入ると「こちらを見たような気がする…」という表示が出て、ラミアによる追跡が開始される。振り切る(ある程度距離を取る)までラミアは追跡をやめないのでこうなったらスイッチは二の次に回して逃げることに専念するのがいいだろう。
また、追跡中のラミアはその追いかけているPC一人しか見えていない。この猪突猛進さは捕獲して勝ち鬨を上げたり、タゲが切れて呆けるまで続く。囲まれた際には一人が囮になれば他のメンバーは素通りできる。また、ラミアは前方範囲の視覚しか持たない。よって、ラミアを追いかけていき、分かれ道でキョロキョロしている時にタイミングよく追い越すなどの高等なテクニックを用いることも出来る*1
何度も見つかっていては15分という時間が短く感じられてしまい、これを活用できるかどうかで難易度は大きく変わる。

ラミア広域スキャンにはかからないが、緑ネームであるため近づけばレーダーを持たないジョブでもコンパスに緑の点で表示される。このため、レーダーが広まるジョブだと遭遇率が大幅にダウンし、安定度も増す。ラミアが近づいてくると蛇が這うような音が聞こえてくるので、目と耳を活用して近くに来たと分かればすぐに身を隠そう。
ラミアは障害物を透視することはできず、間に柱を挟むと迂回してくる。この緑の点と逆方向に動き、一気にその場を離れるのがよい。
なお、移動タイミングによっては迂回した方向から見つかることもある*2

なお、PC感知していない状態での各ラミアの巡回ルートは一定のパターンに従って決まっている。何度か通っていれば、彼女らが何度突入しても常に同じルートを動いているのが分かるだろう。これを応用し、巡回ルートの隙を衝くことで完全に安全にスイッチを押せるルート・タイミングが存在している。文字での説明は難しいため、興味のある方はご自身で身につけていただきたい。

マップ情報

他のペリキアアサルトで使用された2枚のマップから成る。
スタート地点は海猫護送作戦マップで、開始位置も同じ。海猫護送作戦では南へ向かったが、本作戦では東(部屋を出て左手)へ向かう。右手に進んでも開けることができない扉があるため、1枚目のマップの移動範囲は限られていることになる。

少し進むとライアーフ捜索作戦で使用したマップの南西に出る。スイッチはこのマップの東西南北の小部屋(ライアーフで檻があった場所)に1つずつある。4つあるが同時に押さなければならないわけではなく、順番もどの順番に押してもかまわない。時間内に4つ全て押せばOKである。

ゴールはスイッチのあるマップの中央に出現するが、目標達成後も関係なくラミアに捕まれば強制退去されるため、ゴールするまで油断ならない。なお、4つ目のスイッチを押すと、ラミアがゴール付近に集中するようになる。時間に余裕があれば、4つ目のスイッチで待機し、他の仲間がゴールに到達してから押すと良いだろう。

備考

戦闘に及ばないためレベルやジョブを問わず、15分制限であるため15分以内で終わる手軽さがあり、少人数でも遂行可能で作戦戦績も多く、人気のある作戦である。
とんずら移動速度アップ装備があればさらに楽に展開できるが、なくても問題ない。
慣れれば3人でクリアできるが、自信のない場合は4人でスイッチを1つずつ担当し、終わった者から加勢に入るという作戦も良い。
なお、Ancient Lockboxに入っていることのある???アクス鑑定すると稀にマーリドアンクスもしくは精霊エンチャント武器が入手できる。また、???ポールアームからは確実に草刈鎌が手に入る。

関連項目

アサルト】【マーリドアンクス
*1
分かれ道でキョロキョロしている時、背後よりに近づいて見つからずに通り抜けることが出来るタイミングがある。失敗するとあっさり見つかってしまうので注意が必要。
*2
隠れているのに「こちらを見たような~」と表示された場合は、迂回中に進路変更してくることがある。最悪の場合は柱を突き抜けてくるため隠れる位置にも注意しなければならない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。