ヒロインズタワー(ひろいんずたわー/Heroine's Holdfast)
スペシャルバトルフィールドの一つ。

2012年6月23日/24日開催の「A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST2012」にて初めて登場した。ゲーム内へは2012年7月24日のバージョンアップ実装された。

突入方法

ナイズル島監視哨の"Runic Seal"に「アテナオーブ」をトレードし、エリアに侵入する。

BF概要

6人(3人以上)制限。15分制限(延長あり)。エリアナイズル島

突入すると最初にロビーエリアに転送され、そこから伝送の幻灯(Rune of Transfer)を調べて各ヒロインが待ち受けるフロアに移動する。

ロビー内のRune of Transfer"の配置は以下のようになっている(???は条件を満たすと出現、後述)。
#3 #4 #5
#2 #1 ???

ヒロインを倒す毎に残り時間が15分延長され、ロビーエリアから次のヒロインに挑戦することができる。フロアの攻略難度は上の階層に行くほど高くなっていく。

階層伝送の幻灯ヒロイン
1階層目Rune of Transfer #1ライオン
2階層目Rune of Transfer #2プリッシュ
3階層目Rune of Transfer #3アフマウ
4階層目Rune of Transfer #4リリゼット
5階層目Rune of Transfer #5ミュモル
6階層目Rune of Transfer ???ヒロイン全員

各ヒロインはそれぞれジラートの幻影プロマシアの呪縛アトルガンの秘宝アルタナの神兵オリジナルエリアのヒロインが登場している。

フロアには、ヒロインが待つ場所に移動するための"Rune of Transfer ???"(条件を満たすと起動する)や、モンスターNPCが配置されている。道中のモンスターを倒したり、NPCに話しかることで、先に進めるようになったり、テンポラリアイテムを入手できる場合がある。

"Rune of Transfer ???"を起動するための条件は、"Rune of Transfer ???"を調べることで表示される。

このように、基本的な進め方はナイズル島アサルトに近い。

5人全員倒すことができれば称号アンサングヒロイン」が手に入る。そしてその状態でもう一度エリアに入ると、6番目の「Rune of Transfer」が出現する。ここでは、ヒロイン5人全員出現するバトルとなっている。

詳細な攻略内容についてはネタバレ項を参照されたい。

報酬

ヒロイン達を全て倒すと参加者全員に「アンサングヒロイン」の称号を得る事が出来る。

また、6番目の「Rune of Transfer」を攻略することで「エピックヒロイン」の称号を得られる。

A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST2012

会場イベントの他、試遊コーナーでも遊ぶことができた。

突入ジョブは従来のリアルイベントと同じくスタンダードジョブ6種()。ただし、会場ではサポートジョブは設定されていなかったため、難易度は高めだった。装備エンピリアン装束などで、回復アイテムなどは所持していなかった。

会場では時間の都合上か、ヒロインを一人倒した時点で終了となっていた。

設定

ようこそ、アタクシの名はケット・シーよン。

時空がちょっとばかし乱れてる世界をちょちょっと利用して
今回はアータが会った、またはいずれ会うことになる人物たちを
世界各地から一堂に集結させたわン。

10周年、非常に響きのいい言葉ねン。おめでたいわン。
拍手しましょう。パチパチパチ。
……あ、でも、11だったらもっといいのかしら、ウフフフ……。

あらいけない、本題の説明だったわねン。
このヴァナ・ディールにはね、アータが体験する物語が数多くあるのよン。
それこそ、世界も1つじゃなかったり……と、この話は別にいいですわね。
それらの一端に触れてみるといいですわ。
あっちはアータのことを知ってるから、不思議な感じがするかもしれないけれど

え? そもそもお前はなんだって?
あらやだ。こっちでは会うのが、はじめてだったかしらねン。
まあなぁに、細かいことは置いといて、楽しんでらっしゃいな。

それじゃ、ガチで殴り合い「ヒロインズタワー」の扉を開くとしましょう!
死ぬんじゃないわよ~ン♪

ミッション進行状況によっては登場するはずのないNPCも登場するが、間にケット・シーを挟むことで、このあたりの時間軸上の矛盾が解消される形になっている。

関連項目

スペシャルバトルフィールド】【アテナオーブ】【ヒロインズタワー/ネタバレ

外部リンク

→淑女たちの饗宴「ヒロインズタワー」ヴァナ★フェス2012に登場!公式サイト
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。